メディア個別 オイマヨソースが万能すぎる! 簡単激ウマバリエーションレシピ | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
オイマヨソースが万能すぎる! 簡単激ウマバリエーションレシピ
ひとり暮らし女子の台所レシピ

オイマヨソースが万能すぎる! 簡単激ウマバリエーションレシピ

一人暮らしだと、なかなか調味料を使い切ることができずに困っている人も多いはず。かといって、数を絞って同じ調味料ばかりを使い続けるのも、味付けがマンネリ化してしまいますよね。

そんな悩みを持つ人に朗報! 料理研究家の加瀬まなみさんに、万能調味料「オイマヨソース」を使った簡単かつおいしいレシピを提案していただきました!

■料理研究家・加瀬まなみさん

スペイン料理を中心に料理研究家として活動中。著書は「フライパンひとつで作る絶品パエリア」、「5分でできた!シリーズ」、「2stepレシピお米で作る楽しいごはん」など。忙しい日々の中でも、おいしく簡単に作れるレシピを提案し、若い女性を中心に支持を集めています。

■オイマヨソースは超簡単!

オイスターソースとマヨネーズを同量混ぜ合わせるだけで完成! オイスターソースのコクと、マヨネーズのまったり感がマッチ。さまざまな素材に幅広く応用することができます。

■ジューシーな鶏肉にソースがよく絡む! 柔らか鶏むねのオイマヨ和え

こんがりとソテーした鶏肉にオイマヨソースがベストマッチ! ここではヘルシーなむね肉を使っていますが、もも肉でもおいしくできます。

[材料]
(A)
鶏むね肉       300g
片栗粉       大さじ3
油         大さじ1

(B)オイマヨソース
オイスターソース  大さじ2
マヨネーズ     大さじ2

(C)付け合わせ
レタス       適宜
ミニトマト     適宜
七味唐辛子     適宜

カットした鶏肉と片栗粉をポリ袋へ入れ、ポンポンとふってまぶします。袋を使えば手も汚れず楽ちんです♪ 焼く前に肉に粉をまぶすことで、ソースの絡みがよくなりますよ!

フライパンで油を熱し、鶏肉を加えます。いじりすぎると衣がはがれてしまいますので、ときどき返す程度にとどめましょう。3~4分、全体がこんがり色づくまでソテーします。「ここで加熱しすぎると硬くなってしまうので注意しましょう!」と加瀬さん。

(B)のオイマヨソースをフライパンに加え、全体にソースが絡んだら完成。レタスやミニトマトを添えて、お好みで七味唐辛子をかけても◎! ああ、ご飯がとまらない!

加瀬さんからワンポイントアドバイス
加瀬さんからワンポイントアドバイス

「鶏むね肉をカットするときは指の方向に繊維が入っていますので、それと逆方向(赤の矢印)に切ります」

写真の黄緑色の線を境に、上部と下部で繊維の方向が異なります。まずは黄緑色の線で半分に切ってから、赤色の線の方向にカットしましょう。

■パラパラの出来上がりに感動! オイマヨ炒飯

パラパラの出来上がりに驚くこと間違いなし。その立役者はもちろんオイマヨソース! おいしくチャーハンを仕上げるためのヒントがたくさん詰まったレシピです。

[材料]
(A)
豚肉(バラ薄切り)   50g
卵           1個
ごはん         200g

(B)オイマヨソース
オイスターソース   大さじ1
マヨネーズ      大さじ1

(C)
小ネギ(小口切り)   2~3本

豚肉は1cm幅にカット。フライパンを熱し、中火でカリカリになるまで炒めましょう。焼いているうちに肉から油が出てくるので、油はほとんど引かなくてOK。

「ひと昔前まではチャーハンには冷ごはんというのがセオリーでしたが、実は温めることでごはんが具と混ざりやすくなり、パラパラに仕上がるんですよ」(加瀬さん)。

温めたごはんに(B)の調味料(オイマヨソース)を加え、均一になるよう混ぜます。

豚肉が入ったフライパンに溶いた卵を流し入れます。油は肉から出ているので足さなくてOK。菜箸で軽くかき混ぜ、卵と油を混ぜ合わせます。卵を投入してから約10秒後に、オイマヨソースと和えたごはんを投入!

「卵は半熟より手前の状態がベストです!」と加瀬さん。ここからはスピード勝負! 手早く作業しましょう。

木べらやフライ返しで時々裏返し、軽くほぐすのを繰り返しながら炒め合せます。

卵がうっすら色づくまでしっかり炒めたら器に盛り、小ネギを散らします。

加瀬さんからワンポイントアドバイス
加瀬さんからワンポイントアドバイス

「ご飯を入れてからは、しっかり炒めた方がおいしく仕上がりますよ。そろそろかな?と思ってから、もうちょっとだけ炒めてみてください」

事前にごはんとオイマヨソースを混ぜることで、ソースの油分がごはんをコーティング、さらに、半熟の状態の卵に投入することで、ごはんが卵に包まれてパラパラに仕上がるというわけです。こんな効果があるなんて、驚きです!

■最後にもう1品! オイマヨドレッシングのサラダ

オイスターソースは野菜にかけてサラダのドレッシングとしても使用することが可能です。冷蔵庫にあるお好みの野菜で作ってみてください。

[材料]
(A)
レタス        1/4玉
キュウリ       1/2本
アボカド       1/2個
好みのスナック菓子  (カラムーチョ等)

(B)オイマヨソース
オイスターソース   大さじ1
マヨネーズ      大さじ1

レタスは食べやすい大きさにちぎり、キュウリ、アボカドも好きな大きさにカット。器に盛り付けます。スナック菓子を少しだけトッピングするのが加瀬さんのおすすめ。特にカラムーチョがお気に入りなんですって!

オイマヨソースを野菜にかければ完成! ソースのコクが野菜をおいしく演出してくれます。

■いざ、実食!

今回紹介した料理はどれも一品5分あればできてしまうものばかり。短時間でさっと作れるうえ、材料も多くないのはうれしいですね。


マヨネーズとオイスターソースを合わせるだけでできてしまう「オイマヨソース」は、幅広く使えるまさに万能な調味料。ぜひ、あなたのレパートリーに加えてみてください!

(まにゃむ+どてらい堂)