メディア個別 変わりたいのに一歩踏み出せない… それ、“いもむし女子”かも!? | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
忘れられないキス。
変わりたいのに一歩踏み出せない… それ、“いもむし女子”かも!?

変わりたいのに一歩踏み出せない… それ、“いもむし女子”かも!?

■今より充実するには、どんなアクションを起こせばいいの?

現状に大きな不満はないけど、恋人もいないし、これといった趣味もない……なんだか将来に漠然とした不安は感じるけど、どうすることもなく、ただなんとなく日々を過ごしている。そんな生活に心当たりがある人、いませんか?

キラキラしていないフツウの日常も、はじめの一歩が踏み込めない気弱な心も、背伸びしすぎて私らしくない自分も、アリシーはそれでよしと考えます。ありのままの自分を受け入れることも大切です。

とはいえ、もっと生活を充実させたい、今とは違う世界を知りたいと、友人のキラキラした充実ぶりを見てそう感じることもあるかと思います。でも、輝き方は人それぞれ。誰かと比較するのではなく、自分らしく楽しく過ごせることが一番大事なのではないでしょうか。

そのためには新しい趣味を開拓したり、どこか行ったことのない街へ繰り出したり、いろんな人とコミュニケーションをとってみたり、自主性・積極性が求められますよね。そんな行動力、あったらいいですが、なかなかわき起こらないのもまた事実……。

■世界を広げるために「アリシー」を使ってください。

アリシーは、そんな受動的で悩めるフツウの女性(とりわけ将来への漠然とした不安がある25〜28歳くらいの働く独身女性)を、「いもむし女子」と呼んでいます。どんな蝶になるかはまだわからないけれど、どんな蝶にもなれる可能性を秘めている、そんな伸び代がある「いもむし女子」に、アリシーを通して一歩踏み出し、新しい世界へ羽ばたいて欲しい。アリシーがその架け橋になりたいと考えています。

■いもむし女子のみなさんへ。

アリシーは“いもむし女子”に向けたコンテンツをたくさん配信しています。眠っていた好奇心を掻き立て、実際に一歩踏み出すところまで、コンテンツを通してアリシーがサポートしたい。同じく“いもむし女子”である編集部員が、さまざまな“新しいこと”に挑戦し、試行錯誤して、新たな世界を切り開いていきます。

その様子をいもむし女子のみなさんに見ていただいて、少しでも行動を起こしたくなるような気持ちを抱いてくれたら……一緒に蝶になってはばたけていけたら……そう思っています。一緒に自分らしさを模索してみませんか?

これからもアリシーをご愛読のほど、何卒よろしくお願いいたします。

(アリシー編集部)



written by

アリシー 編集部
アリシー 編集部
アリシー編集部は、30代を目前に漠然とした不安を抱くも、なかなか一歩前に踏み出せない女性(=いもむし女子)に向けて、いつもの日常がちょっと豊かになるようなコンテンツを提案しています。きっと自分らしい生き方を見つけるきっかけになるかも。
この記事へのご意見はこちら