メディア個別 甘えるのが苦手だとなりやすい…インポスター症候群ってなに? | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
おはよう、今日から朝活。
甘えるのが苦手だとなりやすい…インポスター症候群ってなに?

甘えるのが苦手だとなりやすい…インポスター症候群ってなに?

自分に自信が持てない。私なんか……と自分自身を過小評価してしまう傾向がある女性は、インポスター症候群に陥りやすいそう。原因と対策について心理カウンセラーの青柳雅也さんにお話を伺いました。

<青柳雅也さんプロフィール>
「カウンセリングルーム アンフィニ」代表。独自手法を編み出し、問題や悩みの短期解決を実現する。個人カウンセリングや企業のメンタルヘルスケア、心理学セミナー、企業研修、心理学の非常勤講師など活動は多岐に渡る。保有資格は産業カウンセラー(日本産業カウンセラー協会認定)。髪の毛のあるお坊さんを目指して活動中。

■インポスター症候群って?

──「インポスター症候群」とは、どんな症候群なのでしょうか?

「何か目標を達成したり、仕事に成功したりしても『運がよかっただけ』と、自分の能力や実力による達成感を感じることができない状態です。周囲の評価を素直に受け取れない、そして自分に自信を持てないことから、このような状態に陥ります」

■仕事でも恋愛でもつまずきやすくなる?

──インポスター症候群に陥った場合、仕事でどんなデメリットがありますか?

「能力や評価に見合った立ち位置になれないでしょう。自分への肯定感が低いので、働く上で『満足感』や『喜び』を感じにくくもなります」

──働く上でのモチベーションも下がってしまいそうですね。恋愛においてはどうでしょうか?

「恋愛に限ったことではありませんが、インポスター症候群の場合『受け身』な関係になりやすいです。
自己評価が低いので、例えば『好きって言ってくれたから』などの理由で、周りが違和感を感じるような相手とも付き合ってしまいます」

■女性の方がなりやすい! あなたは大丈夫かチェックしてみて

──インポスター症候群になりやすいタイプの人はいますか?

「技量や能力が結果に顕著に表れる専門職の方がなりやすいと言われています。比較的、女性のほうがなりやすい傾向にありますね。

また、子どもの頃『褒めて欲しい!』と思う気持ちを否定された背景がある人も陥りやすいかと思います。親から謙虚さの美徳を強要された経験が、トリガーになることも考えられますよ。

性格で言うと、『真面目』『謙虚』『完璧主義』なタイプと言われる方もなりやすいと思います」

──自覚する方法はありますか?

「下記のチェックポイントに当てはまるものがあるかカウントしてみましょう。

・失敗が恐い
・褒められるのが苦手
・仕事が好き
・『もっと自信持ちなよ』とよく言われる
・妬みが恐い
・自分の長所3つが、スムーズに出ない
・『すみません』が口癖
・甘えるのが苦手
・目立ちたくない

絶対とは言えませんが、2つ以上当てはまるのであれば、インポスター症候群に陥りやすい傾向にあるかもしれません」

■自分のいいところを見つけて、あたたかい世界を生きよう!

──解決方法はありますか?

「自分を1日に1個褒めてみましょう。『今日は頑張って資料を仕上げた!』『〇〇さんのお手伝いができた!』など、思い付く些細なことでOKです。まずは自分ができたことを自覚することが大切です。

次に、人に相談したり頼ったりすることを覚えましょう。相談事でなくとも、考えや気持ちを人とシェアすることも大切です。

人からの称賛を『そんなことないですよ』などの否定の言葉ではなく、『ありがとうございます」に変えてみましょう。

最後に、『すみません』を口癖にしないように心がけてみると良いですよ」

──そうすれば、インポスター症候群は治るのでしょうか?

「症候群とありますが、精神疾患ではなく“思考のクセ”なので、焦らず自覚することでゆっくりと自分自身を変化させられるといいと思いますよ」

──最後に、「自分に自信がない」「どうせ自分なんか……」と悩む女性に向けて一言お願いします。

「『謙虚』というのは日本人にとって美徳ですが、なんでも『過ぎたるは猶及ばざるが如し』です。あまりにも過ぎた謙虚さは、『自分ってなんてかわいそうなんだろう』と憐れむ自己憐憫(れんびん)に近いもので、自己中心的な世界になってしまいます。

自己否定や自己卑下で生きることは、本当の自分を生きることにはなりません。周囲からのよい評価や賞賛、褒め言葉などを“謙遜”するのではなく“感謝”に変えてみると良いですよ。自分のいいところが見えるようになったとき、あなたの世界は、あたたかい世界になるでしょう」


インポスター症候群に陥ってしまうと、ネガティブがネガティブを呼ぶ悪循環を起こしてしまいそう。自分に自信がないと感じたことのある人は、まずは小さなことから自分を褒める毎日を過ごしてみませんか?

(まつだあや+アリシー編集部)

written by

まつだあや
まつだあや
鳥取産、九州在住のフリーライター。 ファッション、コスメ、アプリ、簡単レシピなど女子の「欲しくなる!」「やってみたい!」気持ちを刺激する記事を主に随筆中。 写真を撮るのが好きで、フィルム一眼も所持している。ライフワークは音楽を聴くこと。 この道に導いてくれた師匠がおり、弟子として恥ずかしくないライターになるを目標に活動中。
この記事へのご意見はこちら