メディア個別 NGマナーで台無しに!結婚式のお呼ばれコーデ(アクセサリー編) | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
想いを文字にしてみる。
NGマナーで台無しに!結婚式のお呼ばれコーデ(アクセサリー編)
いまさら聞けない! 大人のマナークイズ

NGマナーで台無しに!結婚式のお呼ばれコーデ(アクセサリー編)

結婚式のお呼ばれは、ドレスにバッグ、アクセサリー…と揃えるアイテムがたくさん。アクセサリーを選ぶのは後回しになって、派手すぎる?マナー違反じゃないよね?と不安になることも。当日恥ずかしい思いをしないようアクセサリーのNGマナーをチェックしましょう。

■アクセサリーのNGマナーは?

1.白色のアクセサリー
ドレスや靴同様、主役の花嫁が身に着ける白は避けましょう。
ただし、パールはゲストでも着用することができます。

2.花嫁より目立つほど派手なもの
基本的に花嫁より目立つのはご法度。生花や大ぶりのコサージュは避けたほうが無難です。
また花の髪飾りも花嫁とカブることも多いため、避ける傾向にあります。

3.時計
「時間を気にしている」という考えから、つけないのが好ましいとされています。

4.アニマル柄、ファー
殺生をイメージさせるため、結婚式ではNG。ファーは2次会ならOKという流れも。

結婚式につけるアクセサリーはルールブックがなく、曖昧です。他にも、光を反射してしまうため昼の挙式では光り物はNG、2つに分けるイメージからバイカラーはNGなど、様々なマナーが浮上しては消えています。つまるところ、一番の安全圏は“パール”のアクセサリーとなるよう。

全体のコーディネートとマナーを踏まえて、結婚式に華を添えるアクセサリーを選んでくださいね。
(アリシー 編集部)