メディア個別 サバ味噌に厚焼き玉子!? サンドイッチの概念覆る和サンドに注目 | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
さよなら、平成。私も前に進むよ。
サバ味噌に厚焼き玉子!? サンドイッチの概念覆る和サンドに注目

サバ味噌に厚焼き玉子!? サンドイッチの概念覆る和サンドに注目

和食×サンドイッチの異色の組み合わせである「和サンド」。近年都内に専門店ができるなど、じわじわと人気が広がっています。筆者も身近な食材を使って、チャレンジしてみました!

■厚焼き玉子

まずはこちら。ミニストップで購入した厚焼き玉子は88円(税別)!

玉子の大きさに合わせて食パンをカットし、パンに薄くマヨネーズを塗って、厚焼き玉子を乗せます。

同じように薄くマヨネーズを塗ったパンで挟んだら、ラップで包んでしばらくなじませます。こうすることでサンドイッチが切りやすくなりますよ。

あとは半分の大きさにカットして完成! 普通の玉子サンドよりも簡単なのに、見栄えがキレイ。ほんのり甘くてスイーツみたいなサンドイッチになりました。

同じトップバリュのPB商品にはだし巻き玉子もありますよ。より和サンドらしさを楽しむのならだし巻き卵、やさしい甘みを楽しむなら厚焼き玉子。お好みで選んでみてくださいね。もちろん自分でだし巻き玉子を作って挟んでも良いですよ〜!

■サバ味噌煮

サバ水煮を活用した「サバサンド」は有名ですが、サバ味噌煮を使っているサンドイッチはあまり見かけない……。今回はサバ味噌煮でサバサンドに挑戦です。

あらかじめサバ缶は汁を切り、軽くほぐしておきます。

薄くマヨネーズを塗ったサンドイッチ用の食パンの上に、レタスとほぐしたサバ味噌煮を載せます。筆者はレタスの代わりにサンチュを使用。この時サバ味噌煮の汁気はしっかりと切っておくことがポイントです。

さらにレタス、パンの順番に重ね、ラップをしてしばらくなじませてからカット。

ボリューミーなサバ味噌煮サンドの完成です。

味噌のコクがパンとマッチして案外合いますね〜!! 和の味わいがクセになりそう。粒マスタードを加えたり、パンをトーストしたり、アレンジを加えても◎。

■ひじき煮

最後はこちらのひじき煮。

今回、パンは食パンではなく、丸型のライ麦パンを使用しました。

作り方は簡単。パンに切れ目を入れて、レタスとひじきを挟むだけ。

見た目がとってもキレイ〜!! そして味も意外とイケる〜!

今回何も味付けをしていないので薄味です。その代わり、今回のようなパン自体にしっかり風味のあるものを使うと、パンの味とひじきの味、両方を楽しむことができますよ。

もし味を付けるならば、マヨネーズやバターも良いですが、おすすめは隠し味に醤油(orめんつゆ)を少々。あらかじめひじきのほうに混ぜて味を付けておくとベストです!


春の行楽にもぴったりな和サンド。材料はどれもコンビニで手に入るものばかりなので、お手軽ですよ。いつもとちょっと違うサンドイッチを食べたい時、みなさんもチャレンジしてみてくださいね。

(伊東ししゃも+アリシー編集部)

written by

伊東 ししゃも
伊東 ししゃも
フリーライター。元システムエンジニアで、趣味はインターネットとパン作り。食べることも大好きで、流行ってるグルメは見逃せない! 現在2児の母。すっかり失われかけた女子力を、また取り戻そうと奮闘中。
この記事へのご意見はこちら