メディア個別 耐熱&コスパ◎! ずぼら料理は「袋のラップ」アイラップにお任せ | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
想いを文字にしてみる。
耐熱&コスパ◎! ずぼら料理は「袋のラップ」アイラップにお任せ

耐熱&コスパ◎! ずぼら料理は「袋のラップ」アイラップにお任せ

食材を入れてレンチンした時にビニール袋が破けた! 水っぽい食材はラップだとうまく包みきれない! ……そんな経験はありませんか? そこで活躍するのが「袋のラップ・アイラップ」。見た目はレトロだけど高機能、台所で活躍間違い無しのアイテムをご紹介します。

カセットガスでお馴染みの岩谷産業のグループ会社である岩谷マテリアルが販売しているアイラップ。25cm×35cmと一般的なポリエチレンの袋と似たようなサイズですが、マチがついていて広がるので、多く入ります。

60枚入りで100円~130円程度で、スーパーやドラッグストアなどで販売されています。耐冷温度は-30度。加熱は120度までOK。冷凍はもちろん、電子レンジでの加熱もOK(油の多い食品は避けてください)な上に、鍋で湯煎調理もできちゃうんです。

という訳で、アイラップを使ったおすすめのレシピをご紹介します!

■やみつきキャベツ

<材料>
キャベツ        3枚(120gくらい)
顆粒鶏がらスープ    小さじ1
いり白ごま       小さじ1
ごま油         小さじ1

<作り方>
1.キャベツは洗って一口大に切って、アイラップに入れます。

2.アイラップの口をひねって耐熱皿に乗せ、600wのレンジで1分半加熱します。レンジ調理の場合はアイラップの口を縛らないのがポイントですよ。

3.アイラップに入ったキャベツに調味料全てを入れて、ふり混ぜたら完成です。

マチがあってたくさん入るので、かさばる葉物野菜もたっぷり入ります。調理時間5分以下で、手が止まらなくなるキャベツ料理ができました。ニンニク不使用なので朝ごはんやお弁当にも◎。洗い物が無いので忙しい朝にぴったりです♪

■ポテトサラダ

<材料>
ジャガイモ       2個
キュウリ        1/2本
ロースハム       2枚
ゆで卵         1個
マヨネーズ       大さじ2

<作り方>
1.ジャガイモは皮をむいて8等分程度に切ります。アイラップに入れて、口を捻り耐熱皿委に乗せて600wの電子レンジで6分加熱します。加熱時間が終わっても、そのまま庫内に5分おいて蒸らします。

2.ゆで卵は殻を剥き、キュウリは小口切りにします。ハムは半分に切って1cm幅に切っておきます。

3.ジャガイモを取り出し、アイラップに入れたまま粗く潰します。ゆで卵を入れ、こちらも袋の中で粗めにほぐしちゃいましょう。

4.キュウリ、ハム、マヨネーズも加えて、ざっくり混ぜたら器に盛って完成です。

一般的なビニールだと粗く潰す時に破れてしまうことが多いのですが、アイラップなら破れにくいんです。ただし、熱さは変わりませんので、火傷にはくれぐれもお気をつけくださいね。

■まりえさんの鶏ハム

最後に、レシピサイト「つくりおき食堂」の運営者でレシピ考案者のまりえさん(@mariegohan)のレシピから、人気の鶏ハムをご紹介。

<材料>
鶏むね肉 1枚 (300~330g)
塩麹 大さじ2

<作り方>
1.鍋に2リットルの水を入れ、沸騰させます。

2.鶏むね肉に清潔なフォークを数か所刺して穴をあけてから、アイラップに塩麹大さじ2と共に入れます。袋の上から軽く揉んで、塩麹を全体に行き渡らせましょう。皮が外側になるように筒状に丸め空気を抜き、口をしっかり結びます。

3.お湯が沸騰したら弱火にし、鍋の底に耐熱皿を置きます。むね肉をアイラップごとお湯の中に入れ、鍋のフタをせず弱火で3分煮ます。アイラップの入り口はお湯に浸さないように、また、鍋肌にアイラップがつかないようにしましょう。

4.時間が経ったら、火を止め、ポリ袋の口が鍋の外に出るよう鍋のフタをして3時間放置します。余熱で火が通ってしっとりした鶏ハムになりますよ。肉汁が出ますが、捨てないでください。肉汁に塩麹が混ざったおいしいタレになっているので、時間が経つほど染みておいしくなります。食べる時に添えるのもおすすめです。

しっとり仕上がった鶏ハムは旨みがギュッと閉じ込められていて、とってもジューシー♪ 従来のレシピでは胸肉をラップできつく巻き上げるという工程があったのですが、面倒くさい上に、ゆで汁に旨みが逃げ出してしまうという難点があったのでした。アイラップならあっさり全部クリア! 


たかがビニール袋、されどビニール袋! 調理時にとても便利なアイラップ。上手に使って、ラクしておいしい料理を作りましょ。

(田中いつき+アリシー編集部)

written by

田中 いつき
田中 いつき
三十路のライター。年を取って、自分を好きになってきたかも。焼きマシュマロが好物。 あとは、コーヒーとチョコとアイスとパンがあれば生きていける。 趣味は散歩と昼寝。悩みは足が大きいこと。 料理、コスメ、雑貨、生き物の話題が好き。
この記事へのご意見はこちら