メディア個別 キャンメイク vs セザンヌ! 600円のベージュハイライトを徹底比較 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」- olab.info
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

この記事は「アリシー」から提供を受けて掲載しています

キャンメイク vs セザンヌ! 600円のベージュハイライトを徹底比較

\プチプラハイライト対決!/
ツヤ肌を演出するのに欠かせないハイライト。プチプラコスメの中で、優秀なハイライトが登場しているブランドといえば、「セザンヌ」と「キャンメイク」。今回は、特に人気のある2つの「ハイライト」を徹底比較しました。どちらを買えばいいか悩んでいる方、必見です!

■キャンメイク「クリームハイライター」ルミナスベージュ

キャンメイクからは、「クリームハイライター 01 ルミナスベージュ」(600円/税別)。

肌に馴染みやすいベージュで、自然な立体感を演出してくれます。クリームタイプなので、肌への密着性に優れているハイライトです。
▲(左)何も塗っていない状態(右)クリームハイライターを鼻筋にのせた状態。
程よいツヤ感で、ナチュラルに鼻筋を際立たせてくれます。クリームタイプですが、肌にのせるとサラッとしたパウダーっぽいテクスチャーになりました。

持ちも良く、600円でこのクオリティはかなり優秀です!

■セザンヌ 「パールグロウハイライト」シャンパンベージュ

セザンヌからは「パールグロウハイライト 01 シャンパンベージュ」(600円/税別)。

ブラシ付きのパウダータイプで、パール感が強いハイライトです。キャンメイクと似たようなベージュ系カラー。
▲(左)何も塗っていない状態(右)パールグロウハイライトを鼻筋にのせた状態
パールが強いので、ツヤ感もしっかり出ます。鼻筋をしっかり強調してくれますが、変に浮浮いてしまうことはありませんでした。持ちもよく、ブラシでサッとひと撫でのせただけで、しっかり発色するのでコスパも抜群です!

■セザンヌとキャンメイクの違いは?

キャンメイクとセザンヌを並べて比較してみました。

セザンヌはキャンメイクよりもパール感が強く、目立って見えます。パウダータイプなので、肌の状態によっては粉浮きしてしまう可能性もありそうですね……。

それに比べてキャンメイクは、クリームタイプで密着性が優れており、ツヤっぽさを残しながらもナチュラルに発色しています。
キャンメイクとセザンヌを、それぞれ鼻筋にのせた状態です。ツヤ感やナチュラルさなど、2つを同じ基準で評価してみました。


・キャンメイク「クリームハイライター 01 ルミナスベージュ」
ツヤ感    ★★★☆☆
ナチュラルさ ★★★★★
持ち     ★★★★☆
コスパ    ★★★★☆

・セザンヌ「パールグロウハイライト 01 シャンパンベージュ」
ツヤ感    ★★★★★
ナチュラルさ ★★★☆☆
持ち     ★★★★☆
コスパ    ★★★★★

自然で控えめなツヤ感が欲しい方はキャンメイク、しっかりハイライトを目立たせたい方は、セザンヌがおすすめという結果になりました。

筆者は、しっかりハイライトを目立たせたいので、セザンヌがお気に入りです。
甲乙付け難いぐらい、優秀だった2つのハイライト。どちらも肌馴染みの良いベージュなので、白のハイライトが苦手な方でも抵抗感なく使えそうです。ハイライトに悩んでいる方は、ぜひ試してみてくださいね。

(なーこ+アリシー 編集部)
なーこ
なーこ
可愛いものが大好きなフリーライター。コスメ収集が止まりません。ラメシャドウが大好き。コスメレポ、カフェレポ、ディズニー系が得意です。女の子が真似したくなるような記事や、トキメク記事を執筆中。
可愛いものが大好きなフリーライター。コスメ収集が止まりません。ラメシャドウが大好き。コスメレポ、カフェレポ、ディズニー系が得意です。女の子が真似したくなるような記事や、トキメク記事を執筆中。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。
女性向けに情報を発信するWebメディア「アリシー」は、2019年6月13日をもってサービスを終了しました。グルメやファッション、マンガ・エッセイなどアリシーの一部コンテンツは、姉妹サイト「ママテナ」に移管しております。引き続きお楽しみください。


あなたにおすすめ

ピックアップ