メディア個別 知ってる? ウイルスと細菌の違い | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
おはよう、今日から朝活。
知ってる? ウイルスと細菌の違い
意外と知らない! 〇〇と〇〇の違い

知ってる? ウイルスと細菌の違い

喉に違和感を感じる、鼻水が止まらない。高熱が出て倒れてしまうわけではないけれど、初期症状で止められるならそうしたいですよね。風邪対策にマスクをしたり、加湿器をたいたり、こまめに除菌ジェルで手を洗ったり。そもそも、ウイルスと細菌ってどう違うのでしょうか。

■ウイルス

インフルエンザやノロ、肝炎やHIVなどの病原体になるのがウイルス。
自分で細胞を持たず、人間を含む生き物の細胞に寄生し、栄養を吸い取って増えていきます。増えたウイルスは細胞を壊し、別の細胞へ寄生していきます。

■細菌

大腸菌、赤痢菌、コレラ菌、サルモネラ菌など病原体になるもののほか、ビフィズス菌など人間にとって良い効果をもたらすものもあるのが最近。
ウイルスの10倍の大きさ……といっても1〜10マイクロメートルほどの単細胞生物で、ウイルスよりは高度な構造をしており、環境が整えば自ら細胞分裂で増えることが出来ます。

大きさも寄生先も繁殖方法も、まったく違うウイルスと細菌。違うと分かったものの、予防方法は場合によって大きく違いそうです。ちなみに、花粉症のくしゃみや目のかゆみは、異物(花粉)に対する「追い出そう」とする防衛反応の誤作動。原因はなんであれ、やはり健康がいちばんですね。

(アリシー 編集部)