メディア個別 コンテストから生まれたユニークなパンやケーキに注目!東京・新橋「第一ホテル東京」のパティスリー「ル・ド・ブリク」 | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
想いを文字にしてみる。
コンテストから生まれたユニークなパンやケーキに注目!東京・新橋「第一ホテル東京」のパティスリー「ル・ド・ブリク」

コンテストから生まれたユニークなパンやケーキに注目!東京・新橋「第一ホテル東京」のパティスリー「ル・ド・ブリク」

パティスリーでは料理コンテストから誕生したユニークなパンやケーキにも注目





2018年に創業80周年を迎えた東京・新橋の「第一ホテル東京」。“エレガンス&エクセレンス”のコンセプトの通り、華やかさと品格を備えた空間は、海外から訪れる旅行客からも人気の高いホテル。

1階にあるパティスリー「ル・ド・ブリク」では、パンやスイーツだけでなく、ギフト向け商品も豊富に並んでいる。新橋駅前という立地柄、手土産を求めて立ち寄る人も多いという。また、毎年開催される、グループホテルのシェフたちが技術を競い合う料理コンテストでは、フレンチ、和食、中華に加えて、パンとデザート部門も実施。グランプリ受賞メニューはパティスリーにも並ぶので、こちらもぜひチェックしてみて。



定番はもちろん、シーズンごとに登場する新作のパンもお楽しみに





手前左:グウ・デ・シャンピニオン(300円)、中央:HOJICHA(300円)、右奥:ミナミ トウホク バブカ(400円)

スタンダードなパンはもちろん、季節感やトレンドを意識したパンなど、ユニークなラインナップが楽しい「ル・ド・ブリク」。
3種類のきのこと生ハムを使ったデニッシュ「グウ・デ・シャンピニオン」は、秋冬の限定品で、キノコのうまみが際立つおいしさ。

一方、“南東北の食材”をテーマに作られたパンのひとつ、「ミナミ トウホク バブカ」は、バターや卵の風味豊かなパンに宮城県産のずんだ餡とアーモンドクリームを合わせ、クリームチーズ、ヨーグルトを加えて巻き込んだもの。また、料理コンテストでグランプリを受賞した「HOJICHA」は、しめ縄に見立てたパン生地に、ほうじ茶とラム酒を入れた2色のバタークリームをサンド。意外性の高い組み合わせを楽しんで。



季節のフルーツを使ったケーキも豊富。キュートな見た目に思わず目移り





左から時計回りにラ・フランス ショコラ(540円)、モンブラン(432円)、ポム(450円)

こちらのケーキは見た目にも愛らしく、季節ごとに変わるラインナップを楽しみにしているファンも多いのだとか。
アップルパイやショートケーキなどの定番に加えて、秋から冬にかけてのおすすめは、やっぱり「モンブラン」。マロンクリームの中に、なめらかな栗のババロアを閉じ込めているのが特徴的。

真っ赤なりんごを象った「ポム」は、りんごとシナモン風味のタルトをりんごのムースで包み、木苺のソースでコーティングし、見た目と味わいにアクセントをプラス。山形県産のラ・フランスをムースにし、洋梨のブランデーで香りづけ。センターにはキャラメルチョコレートクリームをしのばせた「ラ・フランス ショコラ」など、大人の味わいのケーキも揃うので、要チェック。



サブレとチェリー入りのバタークリームがベストマッチの「チェリーウィッチ」





パレショコラ(5枚入り2160円)、チェリーウィッチ(12個入り1950円)

ギフトコレクションのなかでも、いちばん人気があるのは、「チェリーウィッチ」。サクサクと軽い食感のサブレ生地で、甘酸っぱいドライチェリーとバニラ風味のバタークリームをサンドした焼き菓子で、おいしさはもちろん、個包装で食べやすいこともあって、職場のスタッフへの差し入れなど、近隣のオフィスに勤める人たちからも広く支持されているそう。

このほか、ヴァローナ社のチョコレートを使用し、ナッツやドライフルーツを散りばめた「パレショコラ」は、見た目にも華やかで、ギフトにぴったり。



このぺストリーのケーキをWEBで“おとりおき”





そんなパティスリー「ル・ド・ブリク」のケーキを、「OZのおとりおき予約」ならWEBで予約が可能。おいしくておしゃれなメニューを手軽に手に入れよう。