メディア個別 “スーパーシリーズ”といえばこちら。東京・永田町「ホテルニューオータニ」の「パティスリーSATSUKI」 | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
忘れられないキス。
“スーパーシリーズ”といえばこちら。東京・永田町「ホテルニューオータニ」の「パティスリーSATSUKI」

“スーパーシリーズ”といえばこちら。東京・永田町「ホテルニューオータニ」の「パティスリーSATSUKI」

ホテルブレッドや、ホテルスイーツといえば、はずせないのがこちら





東京・永田町の「ホテルニューオータニ」は、“ホテル御三家”のひとつにも数えられる名門ホテル。こちらのペストリーショップ「パティスリー SATSUKI」といえば、スーパーショートケーキをはじめ、通常よりもひと回りサイズが大きい“スーパーシリーズ”が有名だけれど、パンの種類も豊富に揃う。

ヘルシーな油で揚げるカレーパンや、ユーモアあふれる季節のフルーツのクロワッサンなど、一つひとつ手間を惜しまずに作られており、どれも一度食べたら忘れられないおいしさだ。食べ応えのあるパンやケーキは、シェアするのもおすすめ。



季節のフルーツを使った“スーパークロワッサン”にも注目!





手前左から時計回りにシュリンプカレーパン(756円)、あまおうクロワッサン(864円)、新メロンパン(972円)

パティスリーSATSUKIに並ぶパンやスイーツを監修するのは、長年にわたってこちらでパティシエとして腕を振るい、現在はホテル全体の食を統括するグランシェフも務める中島眞介さん。ベーカリーコーナーには1日10本限定の「プレミアムクラシックバゲット」や国産小麦「キタノカオリ」を使った食パンなど、原料、製法ともにこだわり抜いたパンの数々が並ぶ。

近年では、ケーキに次いで登場した“スーパークロワッサン”シリーズも大人気。1個につき、あまおう5個も使用した「あまおうクロワッサン」は冬~春限定。また、「新メロンパン」はメロン果汁入りのマジパンとクロワッサン、2種類の生地で、メロンジュレや豆乳カスタードクリームを包んだ最新作。「シュリンプカレーパン」をはじめ、レストランの味をパン生地に包み、健康オイルで揚げた“下町健康揚げパン”シリーズも人気だ。



さらにグレードアップした「エクストラスーパーメロンショートケーキ」





左:新edo大納言ショートケーキ(1350円)、中央:エクストラスーパーメロンショートケーキ(4104円)、右:黒豆豆乳豆腐(1296円)

ホテルニューオータニの開業40周年を記念して誕生したスーパーショートケーキは、いまやこちらを代表する1品。冬~春はいちご、夏はマンゴー、ピーチと季節ごとに変わるフルーツはどれもとっておきのもの。写真の「エクストラスーパーメロンショートケーキ」は、開業50周年の年に生まれたさらに贅沢なケーキ。静岡県産のマスクメロンをはじめ、小麦粉や卵なども厳選し、クリームにはヘルシーなアーモンドミルクを使うのもこだわり。

このほかにも、和の要素が加わったスイーツシリーズも人気を集めている。「新edo大納言ショートケーキ」は香り高い宇治抹茶や北海道産の大納言を使用し、黒蜜や白玉なども加わった和洋折衷のケーキ。また、3日間かけてふっくら炊き上げた丹波産の黒豆を乗せた「黒豆豆乳豆腐」など、グラスデザートも充実。海外からの観光客にも好評だという。



創業から受け継ぐリーフパイを、もっとリッチに楽しむスーパーリーフパイ





スーパーリーフパイ(10枚入り3240円)

1964年の創業当時から愛される伝統のリーフパイのサクサクとした食感をいっそう楽しんでもらいたいとの思いから生まれたのが「スーパーリーフパイ」。発酵バターやマダガスカル産バニラビーンズなど上質な素材を惜しげもなく使い、何度も折り重ねて作られるパイは、なんと729層から構成されているそう! 軽やかな食感、バターやバニラの豊かな風味を、コーヒーや紅茶と一緒にじっくり味わって。