メディア個別 元ネタはあの生物! こころの第三医薬品「お文具さん」に癒される | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
忘れられないキス。
元ネタはあの生物! こころの第三医薬品「お文具さん」に癒される

元ネタはあの生物! こころの第三医薬品「お文具さん」に癒される

Twitterで人気のイラスト「お文具」。ほんわかイラストで癒やされる人がたくさんなんです。

お茶を勧めてくれたのは良いのですが、お文具たちはどうやらだいぶ小さい様子で、接待されるのは指先! それでも、あるがままを受け入れてくれるお文具の姿に癒やされますね。

何となくつまらなくてスマホを見て夜更かししてしまう時は、お文具が「夜ふかし芋」でお腹を満たしてくれます! 満腹になったらほっこり気分で眠れますね。

Twitterで見かけて以来、お文具にはまった筆者。

手帳に描いたり……

大根おろしアートにしたりして癒やされています♪ が、どんな生き物なのか、謎が多いのも事実。そこでお文具さん(@imoko_iimo)にお文具の秘密を伺いました。

■お文具とは?

――お文具さんのプロフィールを教えてください。

「酒造会社の社員です」

――一言で言うと、お文具とはどんな生き物でしょうか?

「心にとめてくれる人が1人でもいればいいと思いながら生きている生物です」

――なぜ「お文具」という名前なのでしょうか? いわゆる「文具」とは大分違いますよね。

「文具を嫌いな人はほとんどいないであろうということと、人畜無害そうというイメージで名前をつけました。ありそうでなかった名前ということや、『文具』という言葉の響きが好きだったこともあります」

――モデルになった生き物はいますか? 声や動きなど実際の生き物や人などに近いイメージのものはありますか?

「目を点で描いている部分はサンショウウオ、ウーパールーパーなどを取り入れています。そういう顔が単純に見える生き物が好きなので。動きや発言に関してはほぼ自分自身です」

――うちにも来て欲しいのですが、お文具はどこに現れやすいなどの傾向はありますか?

「少しでもお文具を思って下されば、どんな人の心の隅っこにいるはずです。彼らは温暖で、のどかな気候を好みますので、そうした環境を作ってあげてください」

――お文具を描くようになったきっかけはありますか? また、それをTwitterで公開するようになったのは、なぜでしょうか? 

「周りで仕事や勉強で疲れている人を見て『自分にできることを』と、絵を描き始めたのがきっかけです。疲れている人に絵を描いて、直接届けてもよかったんですが、恥ずかしくて。間接的に届いたらいいなとSNSへの絵の投稿を始めました。思った以上に見てくださる方が増えて、大変ありがたいです」


――お気に入りの作品はどれですか? 

「全ての4コマに愛着があるので選ぶのは大変なのですが、強いて言うなら『充電がないスマートフォンとお文具』ですね。スマートフォンの充電が切れそう……という日常である悲しい出来事を、お文具を添えてフフフと笑える4コマ漫画にできたのが良かったです。あのような作品をまた思いついたら描きたいです。」

■お文具の生存エリアを広げたい

――今後の活動の予定などはありますか?

「今のスタイルを維持しつつ楽しく描き続けたいです。そして、本やグッズなどの物としてもお文具の生存が確認されればなと思っています」

――お文具が本やグッズになった時用の貯金を始めますね。最後に読者へのメッセージをお願いします。

「私の変な絵にお時間を割いて見てくださる方が大勢いらっしゃって、大変感謝しております。深読みせず、何も考えずに今まで通り今後とも見ていただければと思います。よろしくお願いします」


今後の活躍も楽しみなお文具さんのアカウント。TwitterだけでなくLINEスタンプも大人気なお文具をチェックして、癒やされてみませんか。


<画像提供/お文具さん>

(田中いつき+アリシー編集部)

written by

田中 いつき
田中 いつき
三十路のライター。年を取って、自分を好きになってきたかも。焼きマシュマロが好物。 あとは、コーヒーとチョコとアイスとパンがあれば生きていける。 趣味は散歩と昼寝。悩みは足が大きいこと。 料理、コスメ、雑貨、生き物の話題が好き。
この記事へのご意見はこちら