メディア個別 キャリアコンサルがお悩み解決! 仕事も恋愛も頑張りたい美容ライター(30歳) | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
忘れられないキス。
キャリアコンサルがお悩み解決! 仕事も恋愛も頑張りたい美容ライター(30歳)
人生迷子の30歳カウンセリング

キャリアコンサルがお悩み解決! 仕事も恋愛も頑張りたい美容ライター(30歳)

30歳を目前に、女性はこれからの人生について色々と悩むもの。キャリアコンサルタントでもある筆者・加藤晶子が、仕事もプライベートも一緒に考えます! 今回のご相談者は、フリーで働く美容ライターの方。周りからは仕事も恋愛も順調そうに見られるけど、実はやりたいことが多すぎて選べずに悩んでいるそうです。

■今回のご相談者はこの方!

岩倉さん(30歳)
自身のダイエット成功の経験と元来の美容好きが高じて、有名サイトの美容ライターとして活動中。現在は化粧品開発も行う。仕事は順調そうに見えるものの、色々なキャリアパスについて悩み、モヤモヤを抱えている。仕事でも恋愛でもうまく気持ちを伝えられないのが悩み。

■仕事でのロールモデルが定まらない

筆者:「好き」を仕事にして、フリーでご活躍中の岩倉さんですが、キャリアに関してはどのようなお悩みがあるのでしょうか。

岩倉さん:仕事上でロールモデルとなる方をずっと探しているのですが、何人もいて定まらないんですよね。あと、目標を立てても、途中で他のことに目が行って、中途半端になってしまうことが多いです。結局どこを目指せばいいのだろう? と迷ってしまいます。

筆者:岩倉さんは、やりたいことがたくさんあって、好奇心旺盛なのはいいことだと思うんですね。ただ、1つのことを完結しないまま次に行くのは、キャリアの視点から見ても中途半端なので、「やりきる」という癖はつけたほうがいいです。

中途半端になってしまうのは、岩倉さんの中にゴールのイメージが具体的にできていないからだと思います。なぜなら、決めてしまうことを恐れているから。「決める」ということはそれ以外の選択肢を「手放す」ということでもありますよね。それが怖いのではないでしょうか。

岩倉さん:確かにそうですね……。

筆者:では、イメージを膨らませてみましょう。「理想の女性は?」と聞かれたら、誰を思い浮かべますか?

岩倉さん:芸能人でいうと、紗栄子さんや小嶋陽菜さん。自分のビジネスで成功している方です。一般の方でも憧れるのは、自分のビジネスで成功していて、海外を飛び回っている方。そして、自立はしながらも、旦那さんに守ってもらっている人です。

筆者:なるほど、共通点は見えているんですね。それなら、ロールモデルを1人に定めなくても、自分の目指してるポイントだけ押さえておけば良いと思います。ただ、おそらく岩倉さんは理想を全部ほしいという気持ちが強いので、本当に必要なものと、そうでないものの優先順位をつけるといいですね。

岩倉さん:ありがとうございます。

■気持ちを伝えるのが怖い

岩倉さん:プライベートだと、気持ちを伝えるのって怖いって思います。特に恋愛だとなおさら……。以前、遠距離恋愛で、すれ違ってしまった彼がいました。

私は、連絡をマメにくれると安心するタイプ。彼からの連絡の頻度が少ないと、あまり大事にされていないのでは? と思ってしまいます。

筆者:そういうすれ違い、本当に男女ではよく起こりますよね。まず、「連絡が来なくて寂しい」と、メッセージを送ってみてください。岩倉さんのことは好きなんだけど、きっとすごく意識しないと頻繁に送れないんですよね。

岩倉さん:男性だからでしょうか?

筆者:人によりますが、基本的に男性のほうがその傾向にありますね。そんなに毎日メールを送ることが重要だと思っていないケースが多いです。必要だとも思っていないので、うっかりしちゃうんですよね。

だから、「1日3通ほしい」というくらい具体的に言わないと、必要性が伝わらないかも。女性からしたら、そんなことは言わなくても分かってほしいと思いますし、一度言ったら分かってくれていると思いがちですが、そうではありません。

岩倉さん:確かに付き合いたての頃は、すごくマメに連絡をくれていたんです。嬉しかったのですが、相当無理して頑張ってくれているんだなって思いました。だから、「マメに連絡してほしい」と言うのが、重いと思われて嫌われるのではないかと心配で……。

筆者:本当に好きだったら、そんなことでは終わらないはずです。岩倉さんのもう1つの特徴は、嫌われるのが怖くて気を遣いすぎ、本当の欲求を言えないことにあると思います。

特に恋愛に関して言うと、相手は自分のことを好きでいてくれているわけで、本当は一番自分の気持ちを伝えたほうがいい相手。別に1日1通と限定しなくても、「日中忙しそうだから、朝起きた時か寝る前に一言でもほしいな」と言ってみるのもいいかもしれませんね。

岩倉さん:確かにそうですね。

今回、相談してみて、そもそも自分が何に悩んでいるのかが話す中で明確になっていったので、スッキリしました。そして、何に悩んでいるのかが分かると、それに対してどう行動していったらいいかが分かるので、前進した気がします。「手放す」ことを怖がらずに決めてみることや、恋愛面では思い切って相手に要望を伝えてみることなど、今後やってみたいと思いました。


理想の自分が思い描けない方は、本当に自分がどんな状態だったら幸せなのかを改めて考えてみて、両立しないものは優先順位をつけて思い切って捨てる決断も必要です。

恋愛では、男女の違いが顕著に表れていましたね。言わないでも分かってほしいと思う気持ちはとてもよくわかりますが、「してほしいことは何度でも伝える」ことを意識できるといいですね。

(加藤晶子+アリシー編集部)