メディア個別 ムラにならない! 不器用さんでも綺麗に塗れるパウダーマニキュア | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
鏡の前で、ひとりパリコレ。
ムラにならない! 不器用さんでも綺麗に塗れるパウダーマニキュア

ムラにならない! 不器用さんでも綺麗に塗れるパウダーマニキュア

視界に入ることが多い爪は、綺麗にするとモチベーションが上がりますよね。でも、ジェルネイルは高くて頻繁には通えないし、不器用でマニキュアを上手に塗れない……そんなネイル難民の方におすすめなのが「パウダーマニキュア」。爪にパウダーをのせて、トップコートを塗るだけの楽チンアイテムです。

あまりまだ出回っていない商品のため、アリシーのコスメ担当ライターが使用レポートしてみました!

■パウダーマニキュアって何?

今回、使用するアイテムは、「メピュ」というメーカーから出ている「パウダーマニキュア」。数量限定のトップコート付きのセットを購入しました。お値段は、セット価格で1,620円(税込)。

カラーは、モーブオレンジ・ローズピンク・フレンチピンクの3色ラインアップ。どのカラーもグラデーションネイル専用のようです。筆者は、肌が明るく見えそうな「ローズピンク」をチョイスしました。

パッケージの中身がコチラ。アイシャドウのようなパッケージのパウダーマニキュアとチップ、トップコートの3点が入っています。

パウダーマニキュアは、質感もアイシャドウのよう。ただ粒子が細かく、たくさんチップにとると周囲に散ってしまいそうだったので、塗るときは注意が必要です。

説明書によると、このパウダーを爪にのせて、トップコートを塗るだけでネイルが完成するとのこと。早速、実際にトライしてみました!

■実際に塗ってみた!

パウダーマニキュアは、通常のマニキュアと異なり、ベースコートを塗りません。なにも塗っていない状態の爪に、チップでパウダーをポンポンとのせていきます。

1度目は全体に、2度目は真ん中から先端に、仕上げに爪先だけのせると、自然なグラデーションネイルを作ることができます。

パウダーだから、いちいち乾かす時間もいらず、まったくムラにならないのが嬉しいポイントです。

さらに、マニキュアが爪からはみ出す心配もいりません。万が一はみ出た場合も、手を洗えばすぐに落とすことができます。

パウダーを塗り終えたら、上からトップコートを塗って完成です! トップコートを塗るとツヤっとして、一気にローズピンクの色合いが綺麗に出てきます。

通常のマニキュアと比べてみると、自爪が少し見える透け感のある仕上がりです。

5本すべての爪に塗ってみた感じがコチラ。指先に花が咲いたような、品のあるローズピンクネイルに仕上がりました。グラデーションネイルは、指をスッと長く演出してくれますね。光に当たると繊細なラメが煌めくので、肌も綺麗に見せてくれます。

■通常のマニキュアと比べて持ち具合は?

簡単に仕上がるパウダーマニキュアですが、その持ち具合が気になるところ。1週間、左手と右手で、通常のマニキュアと持ち具合を比較してみました!

▲(左)通常のマニキュア(右)パウダーマニキュア

どちらも爪先の先端が少し剥げてきていますね。それ以外はあまり変化のない通常のマニキュアに対し、パウダーマニキュアはツヤ感が少し薄れたように感じます。パウダーマニキュアはトップコートのみで艶を出しているため、ツヤ感が長持ちしにくいのかもしれません。

最後に、実際にパウダーマニキュアを使ってみて感じたメリット・デメリットをまとめてみました。

<メリット>
・ベースコートがいらない
・ムラにならない
・はみ出ない
・乾かす手間はトップコートのみだからヨレる心配がない
・主張しすぎない発色で上品

<デメリット>
・色は完全にのらず、透け感がある
・ツヤのある質感は長持ちしない

筆者はよくセルフネイルをするとき、ムラやヨレで塗り直すことが多いのですが、パウダーマニキュアはぶっつけ本番でも失敗しませんでした。これなら、自分で塗るのが苦手な方も挑戦できそうです。

ただ、発色が控えめなのと、質感が半透明なので、好みは分かれるかなとも感じました。上品なネイルに仕上がるので、オフィスにはぴったりだと思います。


不器用さんでも簡単にできる「パウダーマニキュア」。ムラやヨレの心配がないので、ストレスフリーでネイルタイムを楽しめます。気になった方はぜひトライしてみてくださいね。

(文 希紀+アリシー編集部)



written by

文希紀
文希紀
服とコスメ=肉とお酒 を天秤にかけられないアラサー女子。アパレルブランドの営業として仕事漬けの日々を送った後、言葉の表現に目覚めてライター&エディターに。「私でもできる!」と思えるような“おしゃれ、可愛いの先がわかる”記事をモットーに執筆中。休日はNetFlixとお酒があれば、それで幸せ。たまにふらっと韓国へ行く。
この記事へのご意見はこちら