メディア個別 恋愛マンガを手がけるマンガ家さんの恋愛ってどんな感じ? | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
恋愛マンガを手がけるマンガ家さんの恋愛ってどんな感じ?
警告、恋愛マンガ中毒!

恋愛マンガを手がけるマンガ家さんの恋愛ってどんな感じ?

9月某日、都内某所。

アリシーで連載している作家さんの交流会が行われました。

参加したのは、こちらのみなさん。

▲左上から時計回りにポレポレ美さん、さわぐちけいすけさん、ひなおさん、ささきさきÜさん、町田メロメさん、藤沢チヒロさん、森もり子さん、すれみさん、maruさん。

最初は緊張気味のみなさんでしたが、お酒とおいしい料理で次第に和やかな雰囲気に。

▲これはFumi Hosokawaさんの豪華なケータリング!

途中、酩酊したポレポレ美さんが、なぜか練り消しの話題にこだわり、各所で好きな練り消しの香りを聞いて回るなど、爆笑を巻き起こしていました。後日、ある作家さんからは「いろんなお話を聞いたはずなのに練り消しのインパクトが強くて!」などという感想をいただくほど。

そして、会の中盤には、最近ご結婚された『大人のズル休み』の作者・森もり子さんと、『たんたんんたぬこ』の作者・ささきさきÜさんをお祝いしました!

森さんとささきさんの恋のお話をお聞きして会場は大盛り上がり!
アリシーの9月特集が『警告! 恋愛マンガ中毒』ということもあり、そのとき聞いたお二人の恋愛話を少しだけご紹介します。

■男だってプロポーズされたい!

▲『大人のズル休み』/森もり子

森もり子さんのお相手はマンガ家のトミムラコタさん。
マンガ『ギャルと恐竜』では、原案を森もり子さん、作画をトミムラコタさんが担当されています。

現在はトミムラコタさんの実家に、彼女のご両親、マジシャンである彼女のお兄さん、そして彼女のお子さんと6人で暮らしていらっしゃるのだそう!

交際をするきっかけは

「イラストレーターの交流会で知り合ったんですが、そのときはあまり仲良くならなかったですね。そのあと、2人でちょっとごはん行こうか、ってなって……」

とのこと。

そして付き合って2ヶ月の早さでトミムラさんのご両親に会ったのだそう。
プロポーズについて聞くと、「男だってプロポーズしてほしいって思っていた」と森さん。

「男がプロポーズして結婚する、っていうのが嫌だった。でも、向こうはバツイチ子持ちだし言いにくいだろうな、と思って。じゃあ自分が言った方がいいや、って」(森さん)

男らしい言葉に女性陣からは「いいなあ……」というため息にも似た声が漏れたのでした。

■遠距離恋愛を経ての結婚

▲『たんたんたぬこ』/ささきさきÜ

ささきさんはなんと7年もの交際・遠距離恋愛を経て、今年ご結婚されました。
Twitterでは奥さまとのちょっとした日常を絵日記も描いており、見ていてほっこりします。

出会ったきっかけは職場とのこと。

ささきさんの職場に奥さまがアルバイトしていました。1年ほど一緒に働いていたのちに、ささきさんは名古屋へ転勤することに。そのときに奥さまのほうから告白され……! でも、仕事以外での交流がなかったのと、恋愛経験がゼロだったので「1年ぐらい、告白の返事をせずうやむやにしていた」 というささきさん。

「彼女が足しげく名古屋に遊びにきてくれて。告白から1年後、改めて自分のほうから気持ちを伝えました」(ささきさん)

健気な奥さまにも、改めて想いを伝えたというささきさんにも一同、ときめいてしまうのでした。

ちなみに、ささきさんが発売されているLINEスタンプは奥様をモデルにしたもので、2人のやりとりで使いたかったから描きはじめたのがきっかけなのだそう。 4コママンガもこのスタンプがスタートになっています。ささきさんの創作意欲の源のひとつは、奥さまの存在なのかもしれませんね。
奥さまによると「私のルックスはLINEスタンプのイラストにそっくりです」と照れながら教えてくださいました。


森さんとささきさんの幸せなお話にみんなほっこりと温かい気分に。宴は深夜まで及び、盛況のままお開きになったのでした。

(アリシー編集部)

▲藤沢チヒロさん発案でみなさんに描いていただいた寄せ書き。酔っていることが想像されるサインもありますが……!?