メディア個別 一人暮らしも極まれり カマタミワさんのマンガでお一人様スキルをアップする | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
一人暮らしも極まれり カマタミワさんのマンガでお一人様スキルをアップする

一人暮らしも極まれり カマタミワさんのマンガでお一人様スキルをアップする

長年一人暮らしを続けていると、独自の習慣やマイルールができるものですよね。あなたは、一人暮らしで身についた習慣はありますか?

10年以上前に買ったおしゃれ着が部屋着になるの、あるある!! しかも長く着すぎて穴が空いているのも共感……。

こんなお一人様あるあるや面白エピソードをマンガに描いているのはイラストレーターのカマタミワさん。Twitterやアメブロで大人気なんですよ。思わず吹き出しそうになるネタの数々、一体どのように考えているのでしょうか? カマタさんにインタビューしてみました。

■誰かに笑ってほしい

──まずは、プロフィールを教えてください。

「フリーイラストレーターのカマタミワです。約4年の会社勤めを経て独立、2005年より雑誌や書籍、Webメディアなどで活動しています」

──昨年12月に出版された『ひとりぐらしも極まれり』(KADOKAWA刊)を含めて4冊の著書があるカマタさん。マンガを描き始めたきっかけはどんなことだったんでしょうか?

「子どものころから絵を描くのが好きで、ギャグマンガ家を目指して雑誌のマンガ賞に投稿していましたが、デビューには至らず。方向転換してイラストレーターになりました。10年経ったあたりで、『やっぱり漫画を描きたい! それも思い切りバカバカしいものを! そして誰かに読んで笑ってもらいたい!』という気持ちが積もり、イラストの仕事の合間にマンガを描いてブログで公開するようになりました」

──ブログで公開するようになって変わったことはありますか?

「予想以上にたくさんの方がブログを読んでくださって、マンガのお仕事をいただけるようになり、本当にありがたいです。周りの人たちからも『これネタになるんじゃない?』とイベントに誘ってもらえたり、面白い体験談を聞かせてもらえたりするようになりました」

■一人暮らしを笑うには

──何度も繰り返す悲劇! 普段は、どういうところからマンガのネタを拾っているのでしょうか?

「私は記録魔で、20年くらい日記をつけ続けているのですが、その中からマンガのネタを探すことが多いです」

──一人暮らしで起こる小さなトラブルなどを、笑えるマンガに昇華されていますよね。通常なら落ち込みそうなものですが、ネタとして捉えるコツのようなものはありますか?

「電気料金を支払い忘れて、社会人になってから電気が止まった時などは一応1回は落ち込んでいます(笑)。ですが、私は自分に対する期待値があまり高くないので、『私だから仕方ない』という気持ちがどこかにあって、気を取り直すのが早いのかもしれません。なのでコツは……自分への期待値を下げて『しょうがない、次は気を付けよ』って思うことかな?」 

──切り替えが早いんですね。

「あ、でも作ったばかりのご飯をひっくり返した時は、ひたすらに落ち込みました。食べ物系は落ち込みます! 次、気を付けよう……」

■街で遭遇する人々

──反響の大きかったマンガや、お気に入りの作品はどれでしょうか?

「プールのおばあちゃんたちの話が人気でした。私も一番描きたかった方々で、お気に入りです」

誰も知り合いがいないと思ってたけど、しっかり見られていた! しかも応援してくれている! このエピソードは続きがあるので、気になる方はブログをチェックしてくださいね。

──衝撃の常識のマンガが筆者のお気に入りなのですが、カマタさんは街で不思議な人に遭遇することが多過ぎませんか(笑)。カマタさんの観察力が鋭いのかなと思うのですが、その引き寄せ力を育むコツはありますか?

「仕事などで頭がいっぱいの時は何もネタに出合わないですね。余裕があってゆったりしていたり、ぼーっとしたりしている時に面白いものを見つけることが多いです。なので、頭をからっぽにするのがコツかも」

■カマタミワ流一人暮らし

──今後の活動の予定を教えてください。

「まだお知らせできないのですが、新連載が始まります。フィクションのマンガも描いてみたいです」

──最後に一人暮らししている読者へメッセージをお願いします。

「私は一人暮らし歴20年なのですが、まだまだ楽しいです! 全く飽きません。一人暮らしをしていると、自然と一人でできることが増えるので、そのたびに『自分すごい、天才!』と自分で自分をほめちぎってあげましょう。『一人で生活を頑張ってるだけで、充分えらい!』って常に思うのが、楽しく一人で暮らすコツの一つだと思います(笑)。

寂しい時は逆に、この究極の自由を楽しむ方向に心を持って行くと良いです。実家じゃできないことに挑戦してみるとテンションが上がりますよ。

今後も一人暮らしの日常をブログや書籍で描いて行く予定なので、もし一人が寂しい気分の時や、他の一人暮らしの人の生活を知りたい時、一人暮らしにマンネリ気味の時など、ぜひ読んでみてください」

筆者もやってみましたが、めっちゃ楽しかったです(笑)。こんなお風呂の楽しみ方があったとは……。


一人暮らしを最大限に楽しむカマタミワさん。一人暮らし経験者なら共感すること間違いなし、未経験者なら新たな発見があるかも! 気になった方は、書籍やブログ、Twitterをチェックしてみてくださいね。

<画像提供>カマタミワ

(田中いつき+ノオト)

written by

田中 いつき
田中 いつき
三十路のライター。年を取って、自分を好きになってきたかも。焼きマシュマロが好物。 あとは、コーヒーとチョコとアイスとパンがあれば生きていける。 趣味は散歩と昼寝。悩みは足が大きいこと。 料理、コスメ、雑貨、生き物の話題が好き。
この記事へのご意見はこちら