メディア個別 トリュフやフォアグラを再現! なんちゃって高級風レシピ4選 | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
忘れられないキス。
トリュフやフォアグラを再現! なんちゃって高級風レシピ4選

トリュフやフォアグラを再現! なんちゃって高級風レシピ4選

節約も大事だけど、たまには豪華な料理を食べたい! そんな時には“なんちゃって高級風”料理を作ってみませんか。スーパーで手ごろな価格で買える食材を使えば、なんとトリュフやフォアグラ風の料理を作ることができるんです。

今回は、過去にアリシーで紹介してきた、身近な材料で作る「なんちゃって高級風レシピ4選」をピックアップします。

■本格中華の味わい! エリンギで作る「アワビのオイスター煮込み」

アワビのオイスターソース煮は、中華料理店だとなかなか手を出せない価格ですが、エリンギを使えば「なんちゃってアワビの煮込み」が作れるのです。エリンギは、特売でさらに安くなることも多いので、がっつり食べたいからとたくさん買っても心配いりませんね。

エリンギを炒めて煮込み、仕上げに片栗粉を混ぜるだけなので、作り方も簡単です。手で裂いたエリンギは、たれがよく染み込こんで濃厚な味わいに。このレシピなら、家にいながら本格的な中華メニューが食べられます。

■材料3つですぐ作れる! エリンギで作るホタテもどき

またもエリンギの登場! 今度はエリンギが「なんちゃってホタテ」に変身するんです。材料はエリンギとバター、醤油の3つだけ! これなら、家計がピンチの時でも作れちゃいますね。

レシピは切ったエリンギをソテーして、醤油とバターを絡めるだけだから簡単。輪切りにすることで、見た目と食感がホタテに近づきます。バターと醤油の風味がよりホタテっぽさを強調させ、美味ですよ♪

■レシピの幅が広がる! なんちゃってトリュフのペースト

本物のトリュフはめったに食べられないですが、スーパーでよく見かけるマッシュルームを「なんちゃってトリュフ」として代用できるのです。

マッシュルームは水洗いしないで調理するため、匂いが飛ばずに香り高いペーストが作れます。パスタの他にも、クラッカーに乗せたり、パンに塗ったりとアレンジもOK。旨味がたっぷりのお味は、ワインにもよく合いそうです。

■煮込むだけで作れる! 鶏のレバーで作るフォアグラ風ソテー

フォアグラの代わりに鶏のレバーを使うのは意外な発想ですが、手ごろな価格で手に入り、なんちゃってレシピに使えるお手軽な食材なのです。調理方法も水で流して、弱火でじっくり煮込むだけなので、失敗もなく作れそうですね。

鶏のレバーはフォアグラよりも脂肪分が少なく、あっさりしていて食べやすい食材です。さらにワインやビールと合うので、お酒のお供としても最高ですね。冷蔵庫で保存可能なので、多めに作ってストックもできますよ。


どのレシピも手軽に買える食材ばかりで、さらに工程も簡単。使いまわしや保存ができるものも多いので、たくさん作っておけば、翌日のご飯作りで手間が省けます。身近な食材で作るなんちゃって高級風料理、試してみる価値があるかも? 

(大田ちえこ+アリシー編集部)