メディア個別 料理研究家の熱きバトル!「Foodist Stage Next『餃子対決!!』」潜入レポート | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
警告、恋愛マンガ中毒!
料理研究家の熱きバトル!「Foodist Stage Next『餃子対決!!』」潜入レポート

料理研究家の熱きバトル!「Foodist Stage Next『餃子対決!!』」潜入レポート

8月1日、日本橋の「ナディア キッチンスタジオ」にて、「Foodist Stage Next『餃子対決!!』」が開催されました。

観客の目の前で、ふたりの料理家がテーマに沿った料理を、60分間で作れるだけ作ります。今回のテーマは「餃子」。最後は観客が審査員として試食し、より満足させた方に投票するという、料理対決イベントです。

今回、出場する料理研究家のひとりは、アリシーでもおなじみの「ひとり暮らし女子の台所レシピ」シリーズ記事の監修をしている、加瀬まなみさん。ということで、「Foodist Stage Next『餃子対決!!』」に潜入し、イベントの様子をレポートします。

加瀬まなみさん

■満員のイベント会場で対決の幕は開く


イベント当日、対決で作られた餃子が食べられるとあって、会場には多くの観客が詰めかけました。会の始まりは、皆でスペインのブランドビール「Mahou(マオウ)」で乾杯!

今回はこちらのふたりが対決! 写真左が加瀬まなみさん。右は対決相手の三浦ユークさん。料理研究家としてのみならず、俳優としてもマルチに活躍するイケメンです!

一体どんな餃子を披露してくれるのでしょうか?

会場には、対決の観覧中に食べられる餃子が用意されていました。目の前でこうばしく焼きあがる餃子を見て、ついつい食べ過ぎてしまった筆者です……。

葛城 嘉紀さん(写真左)の解説と、岩瀬 大二さん(写真右)の実況が、会場を盛り上げます。

■テキパキ料理する姿にほれぼれ!


対決が始まると、テキパキと作業を進めていくふたり。キッチンレポートのヒラマツさんの司会も入って、テンポよく進んでいきます。

こちらは加瀬さんの手元。餃子なのに、オレンジスライスを並べています! 何ができあがるのでしょうか……?

ネットで話題になっていた「塩振りおじさん」の塩の振り方を披露してくれた三浦さん(笑)。

対決途中で、加瀬さんの妹さんも調理補助として緊急参戦! 「そんなのアリ!?」と会場がざわつく中、三浦さんはなんと観客のひとりをスカウトし、舞台へ上げるという荒業に出ます。観客の方は、戸惑いながらも餃子の皮包みをしっかりこなしていました。

素材が徐々に料理としてかたちになっていく様が見られるのは、ライブクッキングの醍醐味。対決も終盤に差し掛かり、テーブルにさまざまな餃子が並んでいきました。

■いざ餃子対決! 先行は三浦さんの作品から


こちらは三浦さんの作品。手前は、海老がまるごと1匹入った、パクチーの風味が堪らない「海老プリッ!パクチー餃子」。奥は「ひとくちメキシカンナチョス餃子」。餃子の皮をパリパリな器に、とろりと溶けたチェダーチーズの乗ったチリビーンズを乗せていただきます。

●レシピはこちら

「海老プリッ!パクチー餃子」のお供として、シナモンでソテーしたパイナップルも。パイナップルをまるごと器にする豪快なアイディアが光ります。三浦さんはこれらを含め4品を用意しました。

■後攻、我らが加瀬さんの料理が炸裂!


こちらは加瀬さんの作品「クリチ&マーマレードでスイーツ系冷やし水餃子」。スペイン・バレンシア地方で定番のオレンジとクリームチーズの組み合わせを、なんと餃子で表現! とくに女性に人気のスイーツ系餃子です。

●レシピはこちら

おしゃれな器や小道具を使ったセッティングからも、加瀬さんのこだわりが見えますね。

こちらは加瀬さんの「餃子パエリア」! スペイン料理を得意とする加瀬さんによる、スペイン料理の代表格とも言えるパエリアと餃子を融合させた一品。海老の旨みをしっかりと吸ったお米に、もちもちの水餃子を乗せて炊き上げています。これらを含め、加瀬さんは5品を用意しました。

試食タイムでの筆者と加瀬さん。「餃子パエリア」、おいしくいただきました! 観客の皆さんからも、「おいしい!」の声が続出です。

■気になる対決の結果は……?


試食の後はいよいよ投票。そして結果は……加瀬さんの勝利! 料理の味もさることながら、小道具を使った盛り付けの演出が観客の心をつかんだようです。

とはいえ、かなりの僅差だったとか。三浦さんの餃子も、観客の皆さんがあっという間に完食! うかうかしていた筆者は、食べ逃した品も……。

こうして幕を閉じた「Foodist Stage Next『餃子対決!!』」。今後も料理のテーマや対決する料理研究家を変えて開催予定。次回は9月26日(水)18:30~だそう。

調理の様子は、さすがプロと思わせる手際の良さ。ですが、手に入りやすい身近な食材を使う場面も多々あり、家庭でも参考にできそうなアイディアがたくさんありました。そして試食では、おなかいっぱいプロの料理が食べられるこのイベント。次回もまた、楽しみな筆者でした。

(まにゃむ+アリシー編集部)

<取材協力>

written by

まにゃむ
まにゃむ
ライターでバリスタでパティシエです。基本的に食べ物を作ること・食べることが好き。お店チェックも好き。スイーツ系からコーヒー、居酒屋までなんでもこい。趣味はストリートダンス。食べたカロリーはダンスで消費します。
この記事へのご意見はこちら