メディア個別 【動物園】クルミを割るリスが見られるかも!モルモットとのふれあいも楽しめる「井の頭自然文化園」 | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
【動物園】クルミを割るリスが見られるかも!モルモットとのふれあいも楽しめる「井の頭自然文化園」

【動物園】クルミを割るリスが見られるかも!モルモットとのふれあいも楽しめる「井の頭自然文化園」

木登りしたり、走ったり、クルミをかじったり…のびのび過ごすリスたちは必見





何十匹ものニホンリスが、通り抜け型のケージ内を自由に動き回る「リスの小径」。木に登ったり、足元を走り抜けたり、水を飲もうとがんばったり…。運が良ければ、固いクルミを割るところを見ることができるかも!?

ほかにも、世界で一番小さいキツネの仲間であるフェネックや、見ているだけで和んでしまうカピバラなどの愛らしい動物たちや、野山にすむ鳥たちを見ることができる。



野生の生き物との思いがけない出会いも!豊かな自然を身近に感じよう





身近な生き物との出会いを楽しむ場として作られた「いきもの広場」。生き物が暮らしやすく、見つけやすい環境を整えた場所で、住んでいるのはすべて野生の生き物なんだとか。春~秋は週1回時間限定でオープンするから、野生の生き物たちとの思いがけない出会いを見つけてみて。

また、日によっては動物解説員によるガイドツアーが開催されることも。「ニホンリスウォッチング」や「井の頭池の水辺のいきもの」など、さまざまなテーマで解説してくれるので、ぜひ予定を確認して参加してみよう。



子育ての様子の観察も!常時180頭ほどいるモルモットとのふれあい





動物とのふれあいの場として人気の「モルモットふれあいコーナー」。常時180頭ほどいるモルモットを抱っこしたり、優しくなでなでしたりと、小さな子どもでも安心してふれあうことができる。さらに「赤ちゃんのおうち」では、生まれたばかりのモルモットや、子育てのようすを観察することも。

動物だけではなく、魚類、カエルなどの両生類、水生昆虫、水生植物など幅広い生き物に出会える「井の頭自然文化園」。都内からもアクセスしやすいから、今度の週末にぜひ行ってみよう。