メディア個別 シミや虫刺され跡、どうする? 真夏の肌見せ対策4選~美容編~ | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
鏡の前で、ひとりパリコレ。
シミや虫刺され跡、どうする? 真夏の肌見せ対策4選~美容編~

シミや虫刺され跡、どうする? 真夏の肌見せ対策4選~美容編~

日差しの強さがつらい真夏……。日焼け止めを塗ってケアをしても肌は荒れるし、ガードしていても虫に刺されて跡が残ってしまう、なんてことありませんか? アリシーでは、専門家の方に聞いた夏の肌見せの不安を解決する記事を多数お送りしてきました。

今回は、その美容編! これを読んで、日焼けによるシミや虫刺され跡など、気になるお肌トラブルを解消しちゃいましょう!

■残したくない虫刺されの跡、今年こそは!

痒くてつい引っ掻いてしまう虫刺されの跡。去年のものがまだ残っていませんか?

痒みを感じたらなるべく早めに処置することが大切。冷やしてあげると効果的です。記事内では銀座スキンクリニック院長で皮膚科医の坪内利江子先生に、虫刺されの跡を綺麗にケアする方法を相談しています。そもそも蚊に刺されないための対策なども教えてもらいました!

■シミを治してくれるレーザー治療って?

気がついたらちょっとずつ増えてきている「シミ」。自力でケアをするのはなかなか大変ですよね。美容皮膚科のシロノクリニック銀座院長の徳永真理先生に、レーザー治療でシミを治す際の悩みや不安をあれこれ聞いてみました。痛みはあるのか、治療にかかる時間・費用など、気になる疑問を一挙に解決しちゃいましょう。

■自分のお肌の年齢知ってますか?

紫外線の強い季節。肌をケアしようにもどのような対策を練るべきかわからない……。そんなときは、自分の「肌年齢」を知ることから始めてみては? 今はわざわざコスメカウンターに行かなくても、アプリで簡単に調べることができちゃうんです! 記事内では、無料肌診断アプリ「肌パシャ」「Befy(ベフィ)」「しみ研」の3つを紹介しています。

■赤みの原因を知って対策を

寒いわけではないのに肌に現れる赤みには「毛細血管の拡張」や「日焼けによる炎症」など、実はいくつかの種類があります。気になるとついつい触ってしまったり、ファンデを厚くしてしまいがち。記事内では美容皮膚科タカミクリニックの本田えり先生に、頬の赤みをセルフケアで治す方法や、クリニックでの治療、また予防法についても教えてもらいました!

■肥満の原因だけじゃない「中性脂肪」

きちんとスキンケアしているのにも関わらず、最近原因の肌荒れに悩まされている……。実はそれ、過度なダイエットが原因かもしれません! ダイエットの敵だと思われがちな肥満の原因「中性脂肪」の数値は、実は低すぎても良くないんです。管理栄養士の柴田真希先生に、気になる中性脂肪との付き合い方を伺いました。中性脂肪は、必ずしも悪者というだけではないようですよ。


仕方ないもの……と諦めがちなお肌のトラブルですが、今回の記事を読んでいると、ある程度自分でなんとかできる気がしてきませんか? 紫外線対策は今からでも遅くない! 今からでも出来るケアを日頃から意識して生活してみるのもいいかもしれません。

日焼けや虫刺され知らずの夏を過ごしましょう!

(佐倉ひとみ+アリシー編集部)



written by

アリシー 編集部
アリシー 編集部
アリシー編集部は、30代を目前に漠然とした不安を抱くも、なかなか一歩前に踏み出せない女性(=いもむし女子)に向けて、いつもの日常がちょっと豊かになるようなコンテンツを提案しています。きっと自分らしい生き方を見つけるきっかけになるかも。
この記事へのご意見はこちら