メディア個別 はみ肉を撃退! とがわ愛さんのボディメイクマンガをチェック | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
鏡の前で、ひとりパリコレ。
はみ肉を撃退! とがわ愛さんのボディメイクマンガをチェック

はみ肉を撃退! とがわ愛さんのボディメイクマンガをチェック

脇腹のはみ肉をなくすには? ハリのあるお尻になるには? カラダに関する悩みは尽きないもの。そんな時に参考になるのが、とがわ愛さんの描く女性向けボディメイクマンガ。

そのわかりやすさが、Twitterで公開されるたびに話題になっています。今回は作者のとがわ愛さん(@togawa_ai)ご本人にインタビュー。筋トレを始めた経緯から、アリシー読者にオススメのボディメイク術まで伺ってきましたよ。

■フォロワー5万人超えのボディメイクマンガ

──美しいくびれとヒップラインですね! トレーニングに目覚めたきっかけはどんなことだったのでしょうか?

「最初はダイエット目的ではなく、健康のために筋トレを始めました。でも、親元を離れて上京してからというもの、食べ歩きばかりしていたらいつの間にかブクブクと太ってしまって。このままではマズイと思い、筋トレを再開するとともに、食事の管理もしっかり行うようになりました。筋トレ自体は元から好きだったので、続けることはそんなに苦じゃなかったですし、少しずつ変わっていく自分の姿を鏡で見た時に、改めて筋トレの素晴らしさを実感しましたね」

──マンガを描き始めたのはなぜでしょうか?

「子どものころからマンガや絵を描くことが好きだったんです。どうやったらたくさんの人に自分の描いた絵を見てもらえるだろうと考えた時に『ダイエットをテーマにした漫画を描いたら、興味を持った人が見てくれるかも!』と思いつきました。マンガを描くならいい加減な知識ではいけないと思い、効果的なダイエットや食事に関する資料を集めたり、骨格矯正専門のジムに通ったりして、自分のカラダを実験台にしながら勉強しました」

──そしてTwitterにアップするようになって、今やフォロワーは5万人を超えていますね。

「フォロワーの方から『くびれができた!』や『太ももが細くなった!』などの報告をいただけるようになって、とてもうれしく思います!」

■筋トレってどこから始めたらいいの?

──普段運動をあまりしないので、身体で気になるところはたくさんあるのですが、ボディメイクするのに最も意識するべき部位はどこでしょうか? 

「お尻ですね。お尻を鍛えて筋肉が付けば、プリッと丸くてきれいな形になりますし、スポーツをする時にも怪我をしにくくなります。逆に、お尻の筋力が弱いと、少し歩いただけで足が疲れやすくなったり、姿勢が悪くなって腰を痛めやすくなったりしちゃうんです。そうならないためにも、まずはお尻を鍛えるべきだと思います」

どこの筋肉に効くのか、初心者にもわかりやすく解説。さらにアレンジした筋トレも描いてあるので、ちょっとキツくしたい時にも、すぐに取り組めちゃいます。

──初心者にオススメの筋トレはありますか?

「背筋のトレーニングです。後ろ姿って年齢が出ると思うんですね。背中が丸まっていると暗い印象になりますし、肩甲骨がシャキッと中心に寄っていたら、若々しくて健康的な印象になります。背中が引き締まればくびれもできやすくなりますし、女性らしいボディラインもできてきますよ」

どんなポイントに気を付けると良いのか、わかりやすいイラストと言葉で解説してくれるので、こっそりおうちで筋トレを始めるのに最適。

──ずばり、トレーニングをして効果が出やすい部位はどこですか? 

「他の部位よりも疲労回復速度が早い腹筋です。鍛えれば鍛えた分だけ目に見えて変化が現れるので、私も腹筋だけはほぼ毎日やっています。特に、皮下脂肪が元から薄い女性でしたらあまりハードに鍛えなくても、ちょっと頑張ればすぐにお腹に縦線が入りますよ」

本格的な筋トレというよりは、あくまで女性らしい身体づくりが目的。憧れのくびれをゲットしましょう!

■筋トレを習慣にするために

──これまで運動していない人にとって、習慣付けるまでが大変だと思うのですが、どうしたら続けられるようになりますか?

「明確な目標を決めることです。例えば『もうすぐで同窓会だから痩せて同級生を驚かせたい』とか。ただ『痩せたい!』ではなくて、その先のビジョンをしっかりイメージできる人の方が習慣化しやすいですし、ボディメイクに成功しやすいと思うんです。私は『夏までに痩せて好きな人とプールに行くんだ!』というのが目標でした」

――筋トレできたご褒美を設定するというのも良さそうだと思うんですが、すぐにスイーツなど食べることに意識が向きがちで、結局プラスマイナスゼロになってしまうんですよね……。

「ご褒美としては、ちょっとお高いランジェリーを買ったり、新しい靴を買ったりなどにしてみてはどうでしょう。オシャレなものを手元に置いておけば『これがもっともっと似合うように頑張らなきゃ!』って前向きな気持ちになってモチベーションが上がると思います」


シャキッとした背中やくびれができれば、カラダのラインが丸わかりな服やスイムウエアも怖くなくなりそう。健康のためにはもちろん、オシャレを楽しむためにも筋トレを始めてみてはいかが?

画像提供/とがわ愛(@togawa_ai)

(田中いつき+ノオト)

written by

田中 いつき
田中 いつき
三十路のライター。年を取って、自分を好きになってきたかも。焼きマシュマロが好物。 あとは、コーヒーとチョコとアイスとパンがあれば生きていける。 趣味は散歩と昼寝。悩みは足が大きいこと。 料理、コスメ、雑貨、生き物の話題が好き。
この記事へのご意見はこちら