メディア個別 ふわとろを頬張る幸せ。クリームたっぷりリコッタパンケーキ | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
ふわとろを頬張る幸せ。クリームたっぷりリコッタパンケーキ
5歳めし

ふわとろを頬張る幸せ。クリームたっぷりリコッタパンケーキ

こんにちは5歳です。Twitterで嫁との生活についてツイートしていたら「お嫁さんの恐ろしい所と、甘えん坊な所のギャップが可愛い!」と話題になり、ついにフォロワー数12万人を突破しました。

ツイートが原作になった漫画も発売され、今Twitterで一番乗りに乗っているアカウントです。主に嫁と2人の愛すべき息子達について呟いたり、時々コラムを書いたりしています。

日曜日の朝から、嫁は自作の『ひとりdeリコッタパンケーキ』を楽しそうに歌いながら、ソファでボケ〜としている僕の周りで踊っている。どうやら彼女はリコッタパンケーキを食べたいらしい。

最近僕らがハマっているのは、そう! リコッタパンケーキです!

生クリームと季節の果物がたっぷりのった、ふわふわのリコッタパンケーキ。おしゃれなカフェでも、近所のファミレスでも、手軽に楽しむことが出来るので、毎週食べたくなってしまい困っています。

前回のピザ破産に続き、近い未来、リコッタパンケーキ破産も見えて来たので、僕は自宅で作ることにしました。

日曜日の朝に、嫁が『ひとりdeリコッタパンケーキ』を歌い出す事は分かっていたので、前もって準備をしておきました。

今回一番大変だったのは、リコッタチーズを見つける事でしたが、スーパーをはしごして、リコッタチーズをなんとか見つけてきましたよ!
ではいってみましょう! レッツクッキング!

■生クリームと苺とバナナをのせたスペシャルリコッタパンケーキ

◆材料(2人分)
リコッタチーズ……120g
牛乳……100cc
卵(黄身と白身にわける)……2個
薄力粉……80g
ベーキングパウダー……小さじ1/2
塩……ひとつまみ
バター(焼く時に引く用)……適量

◆トッピング
蜂蜜……適量
生クリーム……200ml
バナナ……1本
いちご……1パック
スライスアーモンド……適量
スーパーカップ……1個
ミント……適量

今回は上記のトッピングにしましたが、自分の好きなものを思う存分乗せましょう!

<作り方>

1. ボウルにリコッタチーズと黄身と牛乳を入れてよく混ぜます。白身はメレンゲに使うので取っておきましょう。

2. 薄力粉、ベーキングパウダーをふるいにかけて、塩を入れたら、1分ほどかき混ぜます。

3. 卵の白身を入れ、電動泡立て器でツノが立つまで混ぜます。5分ほど混ぜたらメレンゲの出来上がり。ボウルに水分がついていると上手く泡立たないので、よく拭いてから白身を入れましょう。

4. 2と3を合わせ、1分ほど軽く混ぜます。パンケーキを混ぜすぎると膨らまなくなってしまうので、混ぜ過ぎには要注意。

5. 160℃のホットプレートで約3分焼き、裏返してまた3分焼きます。フライパンの場合は弱〜中火で3分、裏返して3分です。ほんのりキツネ色になったら完成です。

6. 最後は自由にトッピング。思う存分盛り付けましょう。僕のおすすめはたっぷりの生クリーム。ふわふわのパンケーキとよく合い、幸福度がぐっと増します。


今回は、嫁にも協力してもらって一緒に作りました。
普段は僕がキッチンに立っても、嫁はソファで待機しているのですが、「トッピングは自分の好きなやつを乗っけていいよ!」と言うと、冷蔵庫の中にあるフルーツを、嬉しそうに選んでいました。

嫁は食べ物の事になると、とても真剣になります。しばらく考えて嫁が「君に決めた!」とトッピングを選びました。心の中で「ポケモンかよっ』」とツッコミを入れてから、「生クリームを泡立てて」と頼むと「アイアイサー!」と良い返事が。

ボウルをしっかり氷で冷やしながら、ホイップを泡立てる嫁に「やるじゃん」と声を掛けると「へへへっ」と得意顔。手際もいいし、何より可愛い。

日曜日の朝に、こうやって2人で料理を作るのって、すごく楽しい。焼きたてのリコッタパンケーキの香りに「あのカフェで出てくるパンケーキと同じ香りがするね!」と2人で歓喜しました。

とびきり美味しそうに盛り付けてから食べてみると、やっぱり最高。あのカフェの味を完全再現、むしろ超えてる!(ような気もする!)

生クリームがたっぷりのったふわふわのパンケーキ。いちごと一緒に頬張ると、そのおいしさに幸せの笑みがこぼれます。

今回作ってみて、ひとつわかった事があります。
リコッタチーズは結構高い。色々材料を揃えると、一人前で軽く1,000円は超えるので、お店で食べた方が正直コスパはいいです。

だから「ちょっぴり特別な休日の贅沢にしようね」と2人で笑い合った日曜の朝でした。

皆さんも大切な誰かと一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

アリシーグルメ部
アリシーグルメ部
アラサー女性が自分らしい生き方を見つけるためのWebメディア「アリシー(@aliceynews)」のグルメアカウント。時短レシピや簡単レシピ、ネットで話題のバズグルメ、便利なキッチングッズなど、日々の食事が楽しくなる情報をお届けします。今日のごはんは何にする?自分の「好き」を見つけてみて。
アリシーグルメ部@alicey_gourmet

(5歳+編集/アリシー編集部)

written by

5歳(嫁公認アカウント)
5歳(嫁公認アカウント)
こんにちは5歳(嫁公認アカウント)です。Twitterで嫁との生活についてツイートしていたら「お嫁さんの恐ろしい所と、甘えん坊な所のギャップが可愛い!」と話題になり、ついにフォロワー数12万人を突破しました。 ツイートが原作となった漫画も発売され、今Twitterで一番乗りに乗っているアカウントです。 主に嫁と2人の愛すべき息子達について呟いたり、時々コラムを書いたりしています。
この記事へのご意見はこちら