メディア個別 パックごと凍らせるだけ! キッコーマンの豆乳アイスを作ってみた | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
私の30歳。
パックごと凍らせるだけ! キッコーマンの豆乳アイスを作ってみた

パックごと凍らせるだけ! キッコーマンの豆乳アイスを作ってみた

変わり種フレーバーも満載で、いろいろな味が楽しめるキッコーマンの豆乳飲料。最近、アイスにしてもおいしい! と話題になっています。

■豆乳アイスを作ってみた

作り方は、とっても簡単。お好みのフレーバーを紙パックのまま冷凍庫に入れて凍らせるだけ。今回は、調整豆乳、ココア、バナナ、いちごの4種類を用意しました。

冷凍時間の目安は、3~4時間程度。豆乳飲料が凍れば豆乳アイスの出来上がりです!

■豆乳アイスを食べてみた

まずは、もっともポピュラーな調製豆乳です。そのまま飲んでもおいしいですが、アイスにすると……口に入れた瞬間は冷たくてさっぱり、口の中で溶けていくと同時に豆乳のコクとまろやかさが広がります。スプーンで表面を削るようにして食べたので、かき氷を食べているような感じ! 甘さは控えめなので、アイスにしてもヘルシーな印象です。

次は、いちご。先ほどの調製豆乳は、豆乳を食べている感が強かったのですが、いちごは豆乳感がほとんどありません。程良い酸味と、あとからくるほんのりした甘さのバランスが◎。最後までおいしくいただけました。

次は、人気のフレーバー、ココアです。ココアと言ってもベースは豆乳なので、まったりとした甘さはなく、ほんのりチョコレート風味を感じる程度です。こちらもいちご同様、豆乳の味は一切せず、豆乳が苦手な方でもいけそうな味!

最後は、バナナ。バナナの甘さと豆乳のまろやかさがベストマッチ! アイスにすることで爽やかな口当たりになり、そのまま飲むよりおいしかったです。筆者的には、今回紹介した4種類の中で1番お気に入りかも。

簡単に作ることができ、おいしいのに低カロリーで、コスパも最高! 少し溶かしてミキサーでシェイク風にしたり、パックのままもみほぐしてシャーベット風にしたりと、食べ方もいろいろあるようです。新しいフレーバーや期間限定のフレーバーも続々登場するから、お気に入りのフレーバーで豆乳アイスを作ってみて。

(やまかわきよえ+ノオト)