メディア個別 「オトナ女子美日和」で懐かしいキャラのグッズと出会おう! | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
「オトナ女子美日和」で懐かしいキャラのグッズと出会おう!

「オトナ女子美日和」で懐かしいキャラのグッズと出会おう!

「美少女戦士セーラームーン」や「らんま1/2」など、子どもの頃夢中になったアニメのモチーフグッズは、大人になってもトキメキをくれるもの。そんな「懐かしいアニメアイテム」が揃うコンセプトストア「オトナ女子美日和」が、なんと東京駅にあります! 今回は、その「オトナ女子美日和」が一体どんなお店なのか、取材してみました。

■場所は東京駅「東京キャラクターストリート」内

「オトナ女子美日和」は、東京駅八重洲中央口のB1にある「東京キャラクターストリート」の奥にあります。この看板が目印です。

「CHARACTER BEAUTY SHOP」というサブタイトル通り、とても可愛らしいお店です。店員さんの制服も、コスメカウンターの店員さんのようで素敵……! では、さっそく店内を見てみましょう。

■店内には心躍るアイテムがぎっしり!

白とピンクを基調とした店内には、可愛らしいアイテムがところ狭しと並んでいます! お店にいるだけでわくわくしてきますね。

レジ横には、現在発売中の商品やインターネットで予約受付中の商品がショーケース入りで飾られているコーナーも。

壁にも漫画の一コマが! 記念撮影にもぴったり。では、いよいよ店内の商品を見てみましょう。

■やっぱり大好き! 「美少女戦士セーラームーン」コスメ

「美少女戦士セーラームーン」の重要アイテム「幻の銀水晶」がモチーフとなっているフェイスパウダー「ミラクルロマンス プリティーガーディアンズカラーパウダー」(4,860円/税込)を発見。中に入っているカラーパウダーは、5戦士をイメージしたのだとか。そのまま置いておくだけでも、素敵なインテリアになりそう。見ているだけで幸せな気分になれますね。

こちらは「ミラクルロマンス ツインリップロッドチークブラシ」(3,456円/税込)。セーラー戦士の中でも人気の高いウラヌス&ネプチューンの変身ロッドをイメージしています。小さいので持ち運びもしやすく、お化粧直しにも活躍してくれます。

また、ウラヌスをモチーフとしたパッケージのシルエットも素敵です。ネプチューンの箱と並べると、仲の良い二人らしく寄り添っているように見える、にくい演出も。

■あいやー! 一押し「らんま1/2」グッズにも注目!

「らんま1/2」は去年連載開始30周年を迎え、全国5会場でカフェ・グッズショップが展開されたり、記念切手が発売されたりしました。そんな中、「らんま1/2」は今年もオトナ女子美日和一押しの作品なのだそうです。「ハートマグカップ」(1,620円/税込)は取っ手がハートの形をしていて、乙女気分を盛り上げてくれます。

ちなみにこのハートマグカップとオリジナルティーをセットで購入すると、可愛いシリコンカップカバーがもらえます! なくなり次第終了なので、欲しい方は急いでお店へ。

■ネットにはない、SHOP限定グッズは要チェック!

SHOP限定商品もたくさんあり、3月21日に発売された「オリジナルティー」(1,620円/税込)は、「オトナ女子美日和」限定アイテムです。

オリジナルティーは紅茶ブランド「ルピシア」とのコラボで、オトナ女子美日和のために特別にブレンドされました。缶は大人っぽいテイストの全7柄。キャラメルジンジャーのフレーバーティの茶葉はほのかに甘く良い香りがして、ミルクティーに合いそうです。

こちらは桜の香りが春らしい「ボディクリーム」(1,296円/税込)。小さめサイズのハンドクリームもあり、使い終わってからも可愛い小物入れとして活躍してくれます!

「美少女戦士セーラームーン」の他にも「少女革命ウテナ」「魔法騎士レイアース」などバリエーションが豊富で、選ぶのに迷ってしまうほどです。

売れ筋商品の「小物ケース」(1,404円/税込)は、お出かけや旅行の際にアクセサリーやお薬を入れられます。ふたの裏に鏡がついているので、つけまつげの保管やお化粧直しにも便利です。


さまざまな商品をご紹介しましたが、アラサー世代ど真ん中の筆者は、店頭のアイテムを見た瞬間からテンションが上がりっぱなしでした!

ひとりで行くのはもちろん、お友達と行くことがあれば、より盛り上がること間違いなしです。気になったらぜひ「オトナ女子美日和」へ。きっと、懐かしさ溢れる楽しいひと時が過ごせますよ。

(新美友那+どてらい堂)

©武内直子・PNP・東映アニメーション
©高橋留美子/小学館
©ぴえろ
©1997 ビーパパス・さいとうちほ/小学館・少革委員会・テレビ東京

written by

アリシー 編集部
アリシー 編集部
アリシー編集部は、30代を目前に漠然とした不安を抱くも、なかなか一歩前に踏み出せない女性(=いもむし女子)に向けて、いつもの日常がちょっと豊かになるようなコンテンツを提案しています。きっと自分らしい生き方を見つけるきっかけになるかも。
この記事へのご意見はこちら