メディア個別 人気スポット奥渋で、ゆったり大人の時間を過ごす3,000円旅 | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
オトナの引きこもり遊び。
人気スポット奥渋で、ゆったり大人の時間を過ごす3,000円旅
おひとりさま週末3000円旅

人気スポット奥渋で、ゆったり大人の時間を過ごす3,000円旅

ここ最近注目されている、神泉町や宇田川町、富ヶ谷などのエリア「奥渋(おくしぶ)」ってご存知ですか? 渋谷といえば若者の街で、人がとても多い印象がありますが、奥渋はそんな喧騒から離れて、少し大人な気分で楽しめる街なのだとか。

大人の女性に憧れる、見た目は大人中身は子どもの私、ドテコが、奥渋でおひとりさま週末3,000円旅に行ってきました! 大人気分を味わうぞ〜!

■まずは渋谷駅からスタート

今回は、渋谷駅のモヤイ像前からスタート。本来は、ハチ公前の方が奥渋エリアには近いのですが、とにかく人が多い! 今回はあくまでも落ち着いた「大人の渋谷」を求めているので、にぎやかなハチ公前は避けました。では、大人な奥渋旅スタートです!

■旅の初めは景気づけにクラフトビール!

奥渋エリアは渋谷駅から徒歩10分ほどの場所。大人の街ってなんだか緊張して喉が渇いてきた……。 ということで訪れたのは、道玄坂の裏手にある「Mikkeller Tokyo」。デンマークの人気クラフトビールブランドのお店です。まだ奥渋エリアに入っていませんが、クラフトビールの魅力には抗えません!

自社のビールのほかにも個性的なクラフトビールをセレクトしており、約20種類を日替わりで用意。ちなみにソフトドリンクもあります。

私がチョイスしたのは「RUNNING CLUB BEER MILE」(600円)。世界各地の同店ではランニングクラブが発足されており、その月1のイベントで振る舞われているのが、こちら。

口当たりが軽くて炭酸は弱めだから、グビグビと飲めちゃう! 走った後に飲めるのも納得な、ぴったりなすっきりとした味わいです。

フードメニューもあり、特に人気があるのは「Danish Meatball」(600円)。今度伺う時は、ぜひ食べたい!

■Mikkeller Tokyo(ミッケラートウキョウ)
住所  :東京都渋谷区道玄坂2-19-11
電話  :03-6427-0793
営業時間:【月~木】15:00~24:30
     【金】 15:00~25:30
     【土】 12:00~25:30
     【日】 12:00~24:30
定休日 :無休

■老舗カフェのガパオランチでまったり

井の頭通りに出て、やっと奥渋を目指します。それにしても渋谷ってアップダウンが多い! なんだかお腹が空いてきた……。

そこで伺ったのは、カフェ好きがこぞって訪れる人気店「Zarigani Café(ザリガニカフェ)」です。

座席の間隔がゆったりとしていて、ソファ席もあるからくつろげる雰囲気。まだ来店したばかりだけど、リラックスしてしまいます。

ランチに選んだのは、「ガパオライス」(1,080円)と「ジャスミン茶」(648円)。ナンプラーがしっかり効いていて、半熟の目玉焼きとの相性抜群。カフェの食事って量が少ないイメージでしたが、ボリュームにも満足です。

ちなみに、平日はお得なランチメニューがあり、また土日はワンドリンクの注文が必須です。

■Zarigani Café(ザリガニカフェ)
住所  :東京都渋谷区宇田川町6-11 1F C号室 
電話  :03-5459-0655
営業時間:【月~土】12:00~23:30(LO22:30)
         ※ランチタイムは12:00~17:00
     【日】 12:00~23:00(LO22:00)
定休日 :不定休

■遊歩道で出合ったアクアリウムに癒される

最近人気のスポットということもあって、ちらほらと人はいるけどとっても閑静。代々木八幡駅まで続く遊歩道は、のびのび歩けて気持ち良いです。

歩いていると軒先に流木がたくさん並んでいる建物が。覗いてみると……

様々な水草が飾られた水槽でいっぱい! なんと、アクアリウムショップでした。こちらの「SENSUOUS(センシュアス)」は、販売のほか、グラスアクアリウム作り体験ができます。

水草がメインですが、熱帯魚や金魚、カメなどもいます。私が気になったのはカメ。かわいいけど長生きらしいから、購入は保留です! 

■SENSUOUS(センシュアス)
住所  :東京都渋谷区神泉町8-2 1F
電話  :03-6407-0335
営業時間:【月~土】11:00~21:00
定休日 :無休

■編集者のセンスが光る複合書店へ

遊歩道と並行する神山商店街。この通りには、飲食店やお菓子屋さん、ショップなどがあります。

こちらにある「SHIBUYA PUBLISHING&BOOKSELLERS」は、一見すると書店ですが、出版社と本屋が融合した複合書店です。こちらでの出版社製作した本手に入るのはここだけなんだとか。また、感度の高いスタッフが選んだ本が揃っていました。いるだけで、なんだかおしゃれな気分になるなぁ。

■SHIBUYA PUBLISHING&BOOKSELLERS(シブヤ パブリッシング アンド ブックセラー)
住所  :東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F
電話  :03-5465-0588
営業時間:【月~土】11:00~23:00
    【日】  11:00~22:00
定休日 :無休

■お散歩の休憩タイムにはノルウェー発のコーヒーを

歩き疲れたところで、遊歩道に戻り、奥渋で人気のコーヒーショップ「Fuglen Tokyo(フグレントウキョウ)」へ。コーヒー大国のノルウェー・オスロ発のこちらは、果実味のあるコーヒーが飲めると評判。

北欧風のおしゃれな外観ですが、よく見ると昔ながらの古民家をリノベーションした店舗なんです。

いただいたのは「エアロプレスコーヒー」(520円)。コーヒー豆からエキスを絞り出す淹れ方で、豆が持っている味をすべて抽出できるのだそう。豆も浅煎りにして、果実としての甘味や酸味をストレートに引き出しているだけあって、香り高くフルーティ。コーヒーの苦さが苦手な人でも飲めそう。ちなみに、夜は酒も飲めるみたい。

■Fuglen Tokyo(フグレントウキョウ)
住所  :東京都渋谷区富ヶ谷1-16-11 1F
電話  :03-3481-0884
営業時間:【月・火】8:00~22:00
【水・木】8:00~翌1:00
     【金】  8:00~翌1:00
     【土】  10:00~翌2:00
     【日】  10:00~翌1:00

定休日 :無休

■ちょっと足を伸ばして、代々木八幡宮へ

旅の最後は、3,000円旅の定番イベント・おみくじ(100円)を引きに代々木八幡宮へ。すっかり日が暮れて真っ暗だったけれど、お参りをして、おみくじを引くことができました。

運勢は、というと……。小吉! 「恋と愛を育てましょう」とはまさに現在の試練……。その神社やお寺にもよるけど、実は小吉っておみくじの順番でいうと上から数えた方が早いらしいんですって。そう思うと、すっごく前向きな気分になってきました。


お昼にスタートして、日が暮れるまで歩き回った奥渋の旅。今回の総額は2,948円! ほぼ予算ぴったりでした。予算通りにお金を使えるなんて、大人な街・奥渋で大人になれた証拠かも!

奥渋にあるお店はどこも、日々の暮らしに溶け込みつつもセンスが良くて、親しみやすさと洗練さが同居していました。また、歩いていて感じたのは、街の雰囲気や人がのんびりしているということ。せかせか目的地に向けて歩くのではなく、ゆっくり風景を楽しみながら巡るのがぴったり。この週末は、奥渋をぶらり散歩してみては?

■でも発信! 週末が近づいたら「おひとりさま週末3,000円旅」を要チェック!

おひとりさま週末3,000円旅のアカウントを開設しました!

こちらでは、3,000円旅の取材の様子や話題のスポットの情報などをつぶやいていきます。また、「ここに取材に行ってほしい」「こういうコースもあるよ〜」という声もぜひぜひ寄せてください。編集部内「3,000円旅チーム」がフットワーク軽く取材に向かいますよ!

何も予定がない週末、ふと「どこか行こうかな」と思ったら、「おひとりさま週末3,000円旅」に出かけてみて!

(ドテコ+どてらい堂)

※価格は全て税込みです。
※店舗・施設の情報は2018年3月現在のものです。お伺いの際には、直接お問い合わせをお願いいたします。