メディア個別 目指せ100RT! バズグルメに追いチーズしたらさらにバズる説検証してみた | アリシー- olab.info

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
目指せ100RT! バズグルメに追いチーズしたらさらにバズる説検証してみた

目指せ100RT! バズグルメに追いチーズしたらさらにバズる説検証してみた

SNSで話題の「バズグルメ」。アリシー編集部では、「焼き6Pチーズ」や「悪魔のトースト」など数々のバズグルメを再現してきました。中でも特に注目したい食材がこちら!

「焼き6Pチーズ」や「悪魔のトースト」、「漬けチーズ」に「クリチごはん」、「悪魔のチーズ巻き」など。アリシーで取り上げ、Twitterで話題になったグルメの影には、いつもチーズ、チーズ、チーズ……!!

そこでチーズ好きの筆者は「チーズを使っていないバズグルメに"追いチーズ"したら、さらに何倍もおいしくなるのでは? もしかしたら100RTだって夢じゃないかも!?」と考えました。今回は筆者のそんな仮説をもとに、新たな「バズらせレシピ」の追求を始めてみようと思います。

■無限ピーマン×チーズ

混ぜてレンジでチンするだけの簡単おかずとして、「無限ピーマン」が一時期話題になりましたよね。

作り方は簡単。耐熱容器に細切りにしたピーマン(3〜4個)と油を切ったツナ(1缶)を入れ、中華顆粒だし(小さじ1〜2)、塩、こしょう、ごま油(各適量)を混ぜます。

ラップをして600Wの電子レンジで4分チン。全体を混ぜてから、ここで追いチーズ。ピザ用チーズを上に乗せ(混ぜてもOK)さらにレンジで30秒ほどチン。チーズがとろけたらできあがり。

ピーマンとツナとチーズの相性は抜群で、味は100点満点。案外チーズの塩気が強いので、好みに合わせて調味料の分量を調整してみてください。筆者はチーズの味を引き立てたくて、顆粒だしを少なめに加えましたよ。しっかりとした味が付くので、副菜ではなくメインのおかずとしても優秀!

だけど、チーズのガツンとした味わいとコクがあるので、「無限には食べられないかも」という感じ。こ、これはもしや「有限ピーマン」では?

バズる度:★★★☆☆

■無限湯通しキャベツ×チーズ

料理研究家のリュウジさん(@ore825)のレシピで話題となった「無限湯通しキャベツ」。

材料は、千切りキャベツ、釜揚げしらす、味の素とごま油、塩、コショウ。筆者はしらす干しを使いました。千切りキャベツに熱湯をまんべんなくかけて、あとはしらすと調味料(それぞれお好みに合わせて適量)を混ぜるだけというお手軽さ。調理時間は3分程度。時短で作れるのもうれしいですね。

キャベツのシャキシャキ感としっとりとした食感が混ざり合い、まさに絶品。

ここで追いチーズ投入! チーズを乗せてレンジで30秒チン。とろけるチーズが最高すぎる魅惑の逸品となりました。味もチーズ好きにはたまらないおいしさです。キャベツの新しい可能性が見えた感がある……。さっぱりとした無限湯通しキャベツと、コクのある追いチーズアレンジ、どっちにしようか悩んじゃいますね。気分に合わせて使い分けてみてください♪

バズる度:★★★☆☆

■サラダチキン炊き込みご飯×チーズ

Twitterで話題になったのは、サラダチキンと鍋キューブの濃厚白湯味を炊飯器で炊くだけの「サラダチキン炊き込みご飯」。

作り方は簡単で、ご飯2合or3合に、サラダチキン(プレーン)1個、鍋キューブ2個を入れて炊くだけ。お水の量はお米を炊く時と同じ分量でOK。出汁のやさしい味わいでほっこりと温まる炊き込みご飯に仕上がります。

ご飯が炊けたら追いチーズをドーン! 炊き上がったご飯の上にチーズを乗せて、レンジで30秒チン。炊き込みご飯と混ざり合う濃厚なチーズの香りが食欲をそそります。さっぱりとしたサラダチキンにまろやかなチーズの風味が加わり、完璧な一品に!

元々の炊き込みご飯の分量が、ひとり暮らしの人にとってはやや多いため、最初はチキンの旨味を味わうシンプルな炊き込みご飯で、味に飽きてきたらチーズを乗せて。そんな「2度おいしい!」を楽しんでも良いかもしれませんね。

バズる度:★★★★☆

■悪魔のどんぶり×チーズ

こちらも、一度食べたら箸が止まらないと話題になった「悪魔のどんぶり」。

揚げ玉、大葉、塩昆布を少量のめんつゆで混ぜ、あつあつのご飯に乗せるだけの簡単レシピ。レンジも火も使いません!

爽やかな香りがご飯を呼んでいる……。ご飯が何杯も食べられちゃう悪魔的なおいしさなんです。

ここで追いチーズ。今回はご飯→チーズ→塩昆布の順番で乗せてみました。塩昆布とめんつゆの塩気が強いので、少量ずつチーズと絡めて食べてみることに。

……おいしすぎる。もはや「悪魔のどんぶり」じゃなくて「魔王のどんぶり」なのでは!? 揚げ玉のサクサク感ととろけるチーズの口当たり。塩昆布とめんつゆ(かつお出汁)の和風の旨味は残しつつ、チーズのコクで洋風なお味になりました。

レンジで30秒ほどチンしてチーズを溶かす一手間が加わりますが、それでも数分でできるのでとっても簡単です!

バズる度:★★★★★


結論、チーズって何にでも合う。

そのまま食べてももちろんおいしい「バズレシピ」。いつもの味を少し変えたい時は、追いチーズでアレンジしちゃいましょう! チーズだけじゃなく、様々なアレンジを試してみて。「このレシピに〇〇を加えたら、簡単なのにおいしい」とSNSでシェアすれば、新たな「バズらせレシピ」が誕生するかもしれません。

アリシーでは今後も実際にレシピを作って実食する「バズグルメ」を続けていきます。食卓が華やぐお気に入りの逸品が見つかるはず。Twitter「@buzz_gourmet」でもアップしているので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

バズグルメ@アリシー
バズグルメ@アリシー
アリシー(@aliceynews)のライター伊東ししゃも(@itoshishamoon)です。ワンコインや3ステップで簡単にできるレシピをお届けします。朝食、ランチ、お弁当、お酒のおつまみなど、いろんなレシピを発信していきますので、是非フォローしてみてくださいね ♪
バズグルメ@アリシー@buzz_gourmet

(伊東ししゃも+編集/藤田佳奈美)



written by

伊東 ししゃも
伊東 ししゃも
フリーライター。元システムエンジニアで、趣味はインターネットとパン作り。食べることも大好きで、流行ってるグルメは見逃せない! 現在2児の母。すっかり失われかけた女子力を、また取り戻そうと奮闘中。
この記事へのご意見はこちら